名言を自分のものにする

広告

 

>  >

 

孫正義 名言/格言

孫正義

 

孫正義とは(画像

日本経営者1957年8月11日に佐賀県で生まれた孫正義は、ソフトバンクグループを設立した実業家として知られています。現在では日本を代表する資産家としても世界長者番付の常連になるほどの人物ですが、巨額の富を1代で築き上げた人物として高く評価されています。彼の人生を変えたのは、坂本龍馬を題材にした司馬遼太郎の「竜馬がゆく」と言う小説だったそうです。この小説に影響を受けてアメリカへ留学し、アメリカでソフトウェアの会社を設立しました。その後、日本に帰国してからはソフトウェア分野に加えて通信分野にも進出したり、福岡ドームを買収して野球チームのオーナーになったり、携帯電話やエネルギー部門でも尽力しています。

 

次世代に向けたビジネスリーダーとして活躍する孫正義は、ビジネスリーダー的な名言をたくさん残しています。「最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけ」「7割の勝算があれば、私は挑戦します」「苦しい時こそ仲間を命がけで守れる人でなければ、大将になるべきではない」など、誰にでも分かりやすく、そしてどんなライフスタイルでも人生の糧にできそうな名言は、親が子育てで悩んだ時や、子供へのアドバイスにも活用できそうなものがたくさんあります。

 

現在でも飛躍的な活躍を続ける孫正義。今後、日本がどのように変わっていくのかについて、大きな影響力を持っているビジネスリーダーであることは疑う余地がありません。今後の活躍にも期待したいですし、彼に影響される若者も増え続けることでしょう。

 

孫正義関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

孫正義の言葉


 

 

『他の人間にできることならば、同じ人間である僕にできないはずはない。僕はそう思うんです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

他の人間ができるのに、同じ人間の一人である僕にはできないとか、できないと思わなければいけないとか、そう思うことのほうが不自然じゃないですか。

>>続きを見る

 

『最初にあったのは夢と、そして根拠のない自信だけ。そこからすべてがはじまった。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

天才芸術家、岡本太郎は言った。『いままでの自分なんか蹴トバシてやる。そのつもりで、ちょうどいい。』

>>続きを見る

 

『組む(提携する)以上はナンバーワンのところと最初からがっちり組む。これが僕の主義です。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ナンバーワンのところと組むことに成功すれば、あとは黙ってもすべてがうまくいく。そういうものです。』

>>続きを見る

 

『世の中に対しても、メーカーに対しても、「あいつは裏切る男だ」と、そういうレッテルを貼られるようなことは、絶対にしてはいけない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

情報インフラの提供者としての地位を築くためには、どんなに苦しくても、われわれは中立なんだという立場をつねに取り続けなければいけない。最初から中立でなければ。』

>>続きを見る

 

『相手に得をさせれば、私を味方だと思ってくれる。そうすれば、その後の話がまとまりやすくなり、私も得をする。』

 

カテゴリー:知性/知恵

WIN-WINの関係とは、お互いが勝ちになるような結果を約束すること。『返報性の原理』とは、親切にされたらそのお返しをしたいと思う人間心理。

>>続きを見る

 

『上場して多くの方から投資を仰ぐということは投資をしてくれる人に対して情報を開示するというのが当然のルールです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『日本の企業には洗いざらい情報を出すことを躊躇する会社もあるようですが、そういう会社は上場すべきではないんです。それならばプライベートカンパニーにしていればいいわけです。上場して多くの方から投資を仰ぐということは投資をしてくれる人に対して情報を開示するというのが当然のルールです。』

>>続きを見る

 

『財閥がどういう形で発展していったかを僕なりに調べたら、最初に海運業で人と物のトラフィックを確保した。』

 

カテゴリー:仕事/経営

新しい蒸気機関、汽船という新しいテクノロジーを使って、人と物のトラフィックを一気に大量に提供した。

>>続きを見る

 

『このとき新しい時代がそれまでと何が違ってどういう方向に行くのかを一番理解していた岩崎弥太郎や渋沢栄一といった人たちによって財閥が生まれたのです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

明治維新のころに日本は農耕社会から工業社会へ変わりました。このとき新しい時代がそれまでと何が違ってどういう方向に行くのかを一番理解していた岩崎弥太郎や渋沢栄一といった人たちによって財閥が生まれたのです。

>>続きを見る

 

『たとえばこれから宝島に行きます。その島で宝を掘り当てて一発当てたいと思っている時に何が一番欲しいか。僕なら地図とコンパスだけでいい。』

 

カテゴリー:仕事/経営

その島で宝を掘り当てて一発当てたいと思っている時に何が一番欲しいか。僕なら地図とコンパスだけでいい。宝が隠されているところを記した地図とコンパスさえあれば三日とかからず宝を見つけて飢え死にする前に掘り当ててさっさと逃げます。

>>続きを見る

 

『日本のM&Aのイメージは創業者が経営に失敗して手放すという負け犬か、業績が伸びている会社に対する敵対的M&A、乗っ取りです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『M&Aというと日本ではいかがわしいマネーゲームを連想する人がまだ多いと思いますがそうではありません。日本のM&Aのイメージは創業者が経営に失敗して手放すという負け犬か、業績が伸びている会社に対する敵対的M&A、乗っ取りです。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP