名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ロバート・キャパ 名言/格言

ロバート・キャパ

 

ロバート・キャパ(フリードマン・エンドレ・エルネー)とは(画像

ハンガリー写真家。生誕1913年。フリードマン・エンドレ・エルネーはハンガリー出身の写真家です。「ロバート・キャパ」という偽名を用いて活動し、スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦、第一次中東戦争、第一次インドシナ戦争という5つの戦争をカメラに収めたことでその名を知られます。今では、「ロバート・キャパ」の名前は20世紀を代表する戦場カメラマンとして人々の記憶に刻み込まれています。ジョン・スタインベックアーネスト・ヘミングウェイパブロ・ピカソなどの著名人とも深い親交がありました。1954年、北ベトナムにてフランス軍の示威作戦の取材中に地雷に触れ、帰らぬ人となりました。

 

「生き残る確率が50%あるなら、ぼくは迷わずパラシュートで降りて写真を撮りにいく」という言葉通り、命を懸けて戦場の真実を追い求めた一生でした。

 

ロバート・キャパ関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

ロバート・キャパの言葉


 

『きみの写真が傑作にならないのは、あと一歩、被写体に近づいてないからだ』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『義務を超えた勇気と冒険をもって撮られた海外での最高の写真』。それが、ロバート・キャパ賞である。人は、何のために生まれたのだろうか。何を成し遂げるために生まれたのだろうか。

>>続きを見る

 

『生き残る確率が50%もあるなら、僕は迷わずパラシュートで降りて、写真を撮りにいく。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

2014年に公開された映画『インターステラー』では、地球の資源が枯渇し、人々が飢え死にする未来を予知したNASAが、密かに見つけていたワープゾーンを通し、

>>続きを見る

 

『戦場カメラマンの一番の願いは、失業することなんだよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

だが、なかなか失業できない。そして実際にテロに巻き込まれ、命を落とした戦場カメラマンもいる。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP