名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

チョッパー『おれが"万能薬"になるんだ!!何でも治せる医者になるんだ!!』


わが社の社員の一人は、『吃音症(きつおんしょう)』という言語障害であり、保険が適用される、れっきとした疾病者である。



吃音症とは、いわゆる『どもり』の現象が多く見られ、会話の中で無言になってしまう病気だ。正直、これが治らなければ、コミュニケーションができないため、彼は社会(コミュニティ)にいつまでも上手に属せない。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    チョッパーの言葉を自分のものにする


    小学校から知っている人間関係だが、発覚したのはつい最近、ここ2年以内であるつまり、当社に入社してからだ。なぜそれまで発覚しなかったのかというと、

    1.第一に発覚するべき"親"が、"教育放棄"していたため
    2.本人が"無口で奥手な人格だとして"キャラ設定"していたため
    3.本人は"病気"ではなく、"被害者"だと思い込んでいたため
    4.誰も彼に深く関わろうと思わなかったため

    確固たる理由が、このようにある。

    1の『教育放棄』というのは、なかなか物騒な言いまわしに聞こえるし、本人やその周りは、決してそれには当てはまらないと思い込んでいただろう。

    私から見てもそうだった。食事を与え、風呂に入らせ、髪を切って、家に住ませ、何の問題もなく、育児が行われていると、誰もが思うような家庭だ。

    『育児放棄』とはまた違う。ここでいう『教育』という意味を紐解けば、『ある人間を望ましい姿に変化させるために、身心両面にわたって、意図的、計画的に働きかけること。ということを意味する。

    まあ、この『教育』がちゃんと行われている家庭など、現代社会にはめったにいないのかもしれないが、しかし、本来『教育』というものは、そういうものなのだ。命がけで、行うものなのだ。

     

    子供の、子孫の人生が、大きく変わる。その『教育』が、きちんと行われていなかった。なぜなら、彼の兄が、幼少期に亡くなったからだ。

    以来家族全員に、負の被害者意識がつきまとうようになり、あるいは、『この子だけは生かしてあげたい』として、『あの子の分も』等と、甘やかし放題の挙句、 "自分は放っておいても誰かが面倒を見てくれる"という思い違いをする人格が形成されてしまったのだ。

    親ならば、その教育の中で、厳しく戒め、道を指し示さなければならない。その『教育』を放棄し、言うなれば、そのとばっちりが全て上司である私にきたのだ。

    私が全ての戒めや指導を担当し、私は親が甘やかす半面の、鬼コーチとなって教育するものだから、私は、周りの人間(ほぼ全員)に、よく誤解された。

    『もっとやさしくしてあげれば?』

    という疑問符は、皆の顔を見れば一目瞭然。

    だが実態は、その『やさしく』は、親のそれが『易しさ』であり、本当の『優しさ』とは、彼と真正面から向き合い、受け止め、性根を叩き直すということなのだ。

    親も友人も何もかも、赤ん坊でもできる『易しさ』などと見誤っているから、彼のそれまでの人生が、現実とは異なってしまっていたのだ。

    疾病者だったのに、健常者だと思い込んでいたのだ。もっと早くに、周りが気づけばよかっただろう。もちろん、本人も自覚する必要があったのだ。

    つまり"本当の被害者"を強いて言うなら、私なのだ。



    この本の77ページ、『被害者意識を持たない』を読めば全て書いてある。

    私だけがこの世で唯一、彼と真正面から向き合ったメンターだというのに、彼は、私に怒られて被害者を演じるし、周りは、それを見て浅はかな誤解をしてしまうのだから、私は"損"しかしていない。

    だが、教育者とは、"損な役"を自ら買って出るものだ。だから私のことを真の教育者が見れば、高く評価してくれるだろう。それに私は、被害者を演じることは決してない。それも、恩師が教えてくれたことだ。

    とにかく、1.2.3.4、この全ての事情があいまって、彼の深層心理に棲みついた、『被害者意識』の表面化が、『吃音症』という結果になって表れていたのだ。

    だが、発覚した後も私は結局、彼を病人として見ている気がしなかった。妥協や現実逃避をしようものなら思い切りぶん殴るし、助言、説教をしないで見て見ぬふりをしたことなど一度もない。

    なぜなのだろうか。




    チョッパー『おれが"万能薬"になるんだ!!何でも治せる医者になるんだ!!…だって…!!だって この世に…治せない病気はないんだから!!!』



    『英国王のスピーチ』




    では、英国史上最も内気な王、ジョージ6世の『吃音症』との闘いが、観ることができる。その中で、彼を病人として扱った、様々な表面的な"治療"法を用いた医者たちは、全員彼を、治すことができなかった

    しかし、最後に出会った無免許の専門家は、他の医者とやり方が違った。彼の内面の、"治癒"を考えていたのだ。

    免許?
    マニュアル?
    病気?

    ガタガタ言うな。 "病は、気から"だ。自分の気持ちをしっかり持てば、症状など出ないのだ。症状が出なければそれは、"病人"とは言えない。

    田中角栄 、小倉智明、ブルース・リータイガー・ウッズ

    なぜこの名前を挙げたかって?彼らもまた、吃音症を抱えた、人間だ。

     

     

    画像:『STRONG WORDS(上巻)

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    シェア

     

    チョッパー『おれが"万能薬"になるんだ!!何でも治せる医者になるんだ!!』


    スポンサーリンク

     

     

    同じ人物の名言


  • 『そうだよトナカイだ!! でも!! 男だ!!!』
  • 『こんなに楽しいの 初めてだ!!』
  • 『いくらドクターがお前らを許しても!!!ドクターの生き方を笑ったお前らをおれが許さない!!!!』
  • 『そうだ…やめよう…逃げるの…こいつに勝とう!』
  • 『こいつらは生きてなんかいない!!!命をバカにするな!!!』
  • 『友達を守ったんだな ありがとう』
  • 『おれは生意気な…”怪物(モンスター)”だ!!!』

  • 同じ麦わらの一味


  • ウソップ
  • サンジ
  • ゾロ
  • ナミ
  • フランキー
  • ブルック
  • ルフィ
  • ロビン

  • 師匠と親


  • Dr.くれは
  • Dr.ヒルルク

  • 冬島の理解者


  • イッシー20
  • ドルトン

  • 旅の友


  • ゴーイング・メリー号
  • ビビ

  • 最新記事をチェック

    『人類の永久保存版』の名に恥じない、『8,000の名言を通して捻出された38の黄金律』の最新情報をチェック!

     



    ↑ PAGE TOP