名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ニーチェ 名言/格言(9ページ目)

 

 

『汝の敵には軽蔑すべき敵を選ぶな。汝の敵について誇りを感じなければならない。』

 

カテゴリー:自己/精神

敵というものは、切磋琢磨できるライバルでなければならない。切磋琢磨できるライバルであれば、それは文字通り『好敵手』となる。だから、『悪敵手』たる足を引っ張る人間は、敵にするべきではない。

>>続きを見る

 

『人は女を深いと思う。なぜか?女の場合、底まで行けないからだ。女は浅くさえもないのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

最初の『女は深い』は、『女は神秘的だ』という時と同じような意味だ。次の『底まで行けない』は、男のように職人気質が少なく、物事を突き詰めるよりも、その場でレジャーシートを広げて、ピクニックを楽しもうとする傾向があるからだ。

>>続きを見る

 

『みずから敵の間へ踊りこんでいくのは、臆病の証拠であるかもしれない。』

 

カテゴリー:自己/精神

あくまでも『かもしれない』だ。戦術と戦略を緻密に使いこなす知略家や軍師からすれば、みずから敵の間へ踊りこんでいくことは、臆病ではなく戦略である。

>>続きを見る

 

『よい格言は、時の歯がたつには堅すぎる。そして、いかなる時代にも栄養のたしになるのに、幾千年の歳月にも食いつくされはしない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私が格言や偉人たちの名言と向き合って内省することに、自分の人生の時間を費やす覚悟を決めたのは、一つに、こうした理由があるからだった。

>>続きを見る

 

『我々が不意に、ある事柄について問われた場合に思いつく最初の意見は、一般に我々の意見ではなく、我々の階級・地位・素性につきものの決まり文句にすぎない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『えー、この様な問題につきましては、まことに遺憾であります。ただいまその真偽のほどを詳しく調査中でありますので、厳粛に、対応していきたいと思います。』

>>続きを見る

 

『われわれのうちで、最も勇気のある者でさえ、自分が本当に知っていることに対する勇気を持つのは稀なことにすぎない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『自分が本当に知っていることに対する勇気』というのは何だろうか。『自分が本当に知っているのか、知らないのかを見極める勇気』ならわかる。ソクラテスの『無知の知』だ。

>>続きを見る

 

『キリスト教徒はただひとりしかいなかった。そして、その人は十字架の上で死んだ。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

『キリスト教徒はただひとりしかいなかった。そして、その人は十字架の上で死んだ。この瞬間、以後<福音>と呼ばれているものは、すでに彼が生きてきたものの正反対、すなわち<禍音>であった。』

>>続きを見る

 

『自分の一日の三分の二を自己のために持っていない者は奴隷である。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

例えば、自分がある組織に務めているとする。会社だ。そこには社長がいて、自分はそこの社員だ。では、その人物は『一日の三分の二を、自己の為に持っている』だろうか。

>>続きを見る

 

『あらゆる種類の確信に拘束されない自由さは、懐疑家の意思の強さに屈している。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『あらゆる種類の確信に拘束されない自由さは、懐疑家の意思の強さに屈している。信念を欲すること、肯定においても否定においても、無条件なものを欲することは、弱さの証拠である。』

>>続きを見る

 

『どちらも相手をとおして自分個人の目標をなにか達成しようとするような夫婦関係はうまくいく。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

『どちらも相手をとおして自分個人の目標をなにか達成しようとするような夫婦関係はうまくいく。例えば、妻が夫によって有名になろうとし、夫が妻をとおして愛されようとするような場合である。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP