名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ニーチェ 名言/格言(13ページ目)

 

 

『足下を掘れ、そこに泉あり。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この言葉はまず、『温故知新』の言葉の意味通りである。温故知新とは、前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。

>>続きを見る

 

『話題に窮したときに、自分の友人の秘密を暴露しない者は稀である。』

 

カテゴリー:自己/精神

大体、『話題』とか言うぐらいだから、話題を考えなければならない状態がそこにあるわけだ。しかし、例えば今の私なら、別に話題を考えるということはない。

>>続きを見る

 

『すべての知識の拡大は、無意識を意識化することから生じる。』

 

カテゴリー:自己/精神

知識や知能というのは、拡張していく。しかし、それを理解して信用している『拡張知能観』の人間とは違い、理解できず信用していない『固定知能観』の人間は多い。

>>続きを見る

 

『夢想家は自分自身に嘘をつくが、嘘つきは他人にだけ嘘をつく。』

 

カテゴリー:自己/精神

いや、私の近くにいる『嘘つき』は、他人にもつくし、自分自身にもつく。だから一見するとこの言葉の信憑性は低い。その人間の場合は、こう発言したのだ。

>>続きを見る

 

『過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。』

 

カテゴリー:時間/運命

過去が現在に影響を与えるのはわかる。過去の延長線上が今だからだ。だが、未来が現在に影響を与えるというのはどういうことだろうか。未来の延長線上は未来だ。現在に戻ってくるということはないだろう。

>>続きを見る

 

『忘却はよりよき前進を生む。』

 

カテゴリー:自己/精神

どうせ死ぬのだ。過ぎ去った過去より、まだ見ぬ未来のために尽力したい。

>>続きを見る

 

『樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

いや、残念ながら『果実』でも『種』でもない。『根っこ』だ。

>>続きを見る

 

『心の中に未来にふさわしいビジョンを描け。そして、自分を過去の末裔であるという迷信を忘れるんだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『心の中に未来にふさわしいビジョンを描け。そして、自分を過去の末裔であるという迷信を忘れるんだ。あの未来の生を思い巡らせば、工夫し、発明すべきものが限りなくある。』

>>続きを見る

 

『大きな苦痛こそ精神の最後の解放者である。この苦痛のみが、われわれを最後の深みに至らせる。』

 

カテゴリー:自己/精神

出産のあの痛みと流れによく似ている。女たちは口を揃えてその出産の痛みを『男には耐えられないほどの痛み』だと言うが、もし私が女ならば、男に対するそうした差別的発言は、ますます男女との間に深い溝が出来るだけだから避ける。

>>続きを見る

 

『繊細な魂は、誰かが自分に感謝する義務があると知ると塞ぎ込む。粗野な魂は、自分が誰かに感謝する義務があると知ると塞ぎ込む。』

 

カテゴリー:自己/精神

(そういえば、自分があれだけのことをしたのに、あの人は何も自分にして返してくれないんだよなあ。おかしくないかなあそれは。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP