名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ニーチェ 名言/格言(10ページ目)

 

 

『この世に存在する上で、最大の充実感と喜びを得る秘訣は、危険に生きることである。』

 

カテゴリー:自己/精神

最大の充実感ではなく、『最大の快楽』であればわかる。人間は、のほほんとした何も起きないいつもと変わらない日常を送るより、刺激的で危険に満ちた時間を過ごす方が圧倒的にドーパミン(報酬系物質)が放出される。

>>続きを見る

 

『あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう。』

 

カテゴリー:自己/精神

しかしそもそもそれでも、『敵』などという相手は、人間はこの世に唯一でなければならないのだ。それこそが自分自身なのである。

>>続きを見る

 

『あなたにとってもっとも人間的なこと。それは、誰にも恥ずかしい思いをさせないことである。』

 

カテゴリー:自己/精神

確かに、人間的なことについて考えた時、動物や昆虫は、他者に『恥ずかしい思いをさせない』という風には考えない。親が子の命を守って、身体を舐めたりして愛らしそうにする光景はあるが

>>続きを見る

 

『轢かれる危険が最も多いのは、ちょうど一つの車を避けた時である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

一言、油断するからだ。例えば、綱渡りはどうだ。あれで油断したらどうなる。油断しないから綱渡りが成功するのだ。たったそれだけのことなのである。

>>続きを見る

 

『我々が広々とした自然にこれほどいたがるのは、自然が我々に関してなんら意見をもっていないからである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

だとしたら犬や猫もそうだ。彼らは何も言わずに、我々の『ペット』として生きることになる。花や音楽もそうだ。

>>続きを見る

 

『夫婦生活は長い会話である。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

人間は、会話をしていく中で、その人がどういう人なのかを知ることが出来るようになる。どういう時に喜び、どういう時に怒りを覚え、どういう時に悲しむか。そして、この人生をどういう指針を持って生きているのか。

>>続きを見る

 

『真の男のなかにはひとりの子供が隠れている。この子供が遊びたがるのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

男も女も、大人になっても子供心はどこかに必ずあるはずだ。だが、この言葉をあえて言うべきシーンとはどういうシーンかを考えた時、浮上してくるのは『おイタしてしまう時』と、『無邪気な夢を追う時』。

>>続きを見る

 

『いつも大きすぎる課題を負わされてきたために、才能が実際よりも乏しく見える人が少なくない。』

 

カテゴリー:自己/精神

単純に、上ばかり見ているから、自分が成長していることに気づいていないということだ。

>>続きを見る

 

『人は賞讃し、あるいは、けなす事ができるが、永久に理解しない。』

 

カテゴリー:自己/精神

しかし、『1+1=2』だろう。それは理解できるはずだ。それを永久に理解できないなどと。混乱してしまうわけだ。だが、手塚治虫は言った。

>>続きを見る

 

『男たちは、自分の職業がほかのいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思いこませる以外に、その職業を持ちこたえることはまず出来ない。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『別にそれは女も同じだろ』ということになるが、男尊女卑の時代があったということを考えても、『仕事=男』と考えているだけで、ここで男と特定していることに、何か特別な意味はない可能性が高い。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP