名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

マザー・テレサ 名言/格言

マザー・テレサ

 

マザー・テレサとは(画像

マケドニア修道女。カトリック教会の修道女、マザー・テレサは1910年8月26日にオスマン帝国領のユスキュプにて生まれました。マザー・テレサという名は修道名であり、本名はアグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ、またはアグネス・ゴンジャ・ボヤジュと言います。

 

イスラム教徒の多い地方でカトリック教徒として育ったマザー・テレサの幼少期については記録が乏しいため謎に満ちていますが、幼い頃からインドの修道女を目指す聡明な子供であったと言われています。18歳の時には故郷を離れ、修道女としてカルカッタへ赴きます。そこで基本的な修道女としての教育を受けた彼女は夢であったインドへと赴き、1937年には終生誓願を宣立しました。テレサという名はその時に選んだ修道名です。

 

1950年には修道会を設立する許可を得て、「神の愛の宣教者会」を創立します。飢えや病気、不自由な身体に苦しむ人のために働くことを目的としたその会のリーダーとして、テレサは人々に「マザー」と呼ばれるようになります。テレサの活動は当初は地元の反発を受けていましたが、真摯な姿勢を崩さないことで次第に認められるようになりいつしか世界のマザー・テレサとしてカトリック教会全体に影響を与える存在になっていきます。

 

数々の賞も受賞し、1979年にはノーベル平和賞を受賞しました。その授賞式で賞金の受け取りや晩餐会の開催を断ったエピソードは彼女の性格を端的に表すエピソードとして知られています。1997年9月5日、転倒事故の影響とマラリアの罹患により世界中が見守る中でこの世を去りました。

 

マザー・テレサ関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

マザー・テレサの言葉


 

 

『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

 

カテゴリー:教育/愛情

元々カトリックの修道女(シスター)だったマザー・テレサは、36歳のときに貧しい人々の中に入ることを決意。修道会を出て、貧民街に学校や孤児施設を作った。また、『死を待つ人々の家』を開設し、路上で死にそうになっている人を連れてきては、テレサがその手を握り締めて最期を看取ったことは、あまりにも有名だ。

>>続きを見る

 

『ほうきを手に持って、誰かの家を綺麗にしてあげてごらんなさい。その方がずっと雄弁なのですから。』

 

カテゴリー:教育/愛情

彼女が言う愛の言葉とはこうだ。『話すのは出来る限る少なくしましょう。説教して聞かせても、それは人と触れ合う場にはなりません。だったら、なにをすればいいのでしょう? ほうきを手に持って、誰かの家を綺麗にしてあげてごらんなさい。そのほうがずっと雄弁なのですから。』

>>続きを見る

 

『私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。』

 

カテゴリー:教育/愛情

かつて書いたマザー・テレサの以下の記事に私は、『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』 世界平和とは、ノーベル平和賞を受賞した人が、何か特別な魔法をかけて実現させることではない。70億人一人一人の心がけでしか、それを実現させることは出来ないのだ。

>>続きを見る

 

『やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。』

 

カテゴリー:教育/愛情

マザー・テレサの他の言葉をピックアップしてみても、『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』『ほうきを手に持って、誰かの家を綺麗にしてあげてごらんなさい。その方がずっと雄弁なのですから。』彼女が指し示すことはとても、簡単な事である。

>>続きを見る

 

『油を足し続けなければ、ランプは灯しておけない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

アインシュタインは言う。『第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからないが、第四次世界大戦で何が使われるかはお教えできる。石だ!』 我々が歴史を軽んじ、遺していなかければどうなるだろうか。流れた血は、積み重ねた知は、繋がれた命は、無駄になってしまうに違いない。

>>続きを見る

 

『いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。』

 

カテゴリー:教育/愛情

今広がっている常識について、どう考えているだろうか。『正しい』と認識しているだろうか。それとも『間違っている』と認識しているだろうか。

>>続きを見る

 

『インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、幸せになれるのです。一方、ヨーロッパの貧しい人々は、自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。』

 

カテゴリー:教育/愛情

イタリア文学最大の詩人、ダンテは言う。『不運な時に幸福な時代を思い出すことほど辛いものはない。』マザー・テレサは『ヨーロッパ人』と『インド人』は、同じ貧しさに対面したときに、その受け取り方が違うと言っている。

>>続きを見る

 

『それは確かにわずかでした。でも、彼の持ち物すべてだったのです。それは、私にとってノーベル賞以上の感動を与えてくれました。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『夜の10時頃だったでしょうか。ドアのベルが鳴りました。私がドアを開けると、一人の男の人が寒さに震えて立っていました。

>>続きを見る

 

『仕事を祈りであるかのように続ければよいのです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『生活の中にいろいろなことが入り込むので祈れない、という言い訳をする人たちがいます。そんなことはありません。

>>続きを見る

 

『彼らが必要としているのは、あなた方の愛と親切なのです。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『私たちが仕えている貧しい人たちは、あなた方からの憐れみも、見下すような態度も必要としていないのです。彼らが必要としているのは、あなた方の愛と親切なのです。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP