名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ゲーテ 名言/格言(8ページ目)

 

 

『すべてを今すぐに知ろうとは無理なこと。雪が解ければ見えてくる。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

例えばゲーテはこうも言っている。『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

>>続きを見る

 

『人々のあるべき姿を見て接し、彼らがなりうる姿になるのを助けてあげなさい。』

 

カテゴリー:教育/愛情

プラトンは言う。『少年を暴力と厳しさによって教え込もうとするな。彼の興味を利用して指導せよ。そうすれば自分の能力がどこに向いているか、少年自身で見出しやすくなる。』それが『教育』だ。それ以外は『育児』あるいは『虐待』である。

>>続きを見る

 

『人は喧嘩する時、双方とも悪いと感じている。』

 

カテゴリー:知性/知恵

相当とも『相手が』悪いと感じているのではなく、双方とも悪い、と感じているということである。これが『相手が』だとしたら話は早い。一方的に怒っている人間は、『相手が悪い』と思っている。

>>続きを見る

 

『30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでもする方が優っている。』

 

カテゴリー:知性/知恵

このテーマについては、賢人たちの意見が一致している。仏教の開祖、ブッダは、『ネガティブ→何もしない→ポジティブ。この順番を頭に入れるべし。』(超訳に)と言って、儒教の始祖、孔子は、

>>続きを見る

 

『何も出来ない日や時には、後になって楽しめないようなものを作ろうとするより、ぶらぶらして過ごしたり、寝て過ごす方がいい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『後になって楽しめないもの』というものは、『後悔』であり『刺さった胸のトゲ』であり、『溜まったツケ』である。 だとするとこれは、刹那的で場当たり的な生き方に警鐘を鳴らし、建設的な人生を推奨する言葉ということがわかる。

>>続きを見る

 

『何事につけても、希望するのは絶望するよりもよい。可能なものの限界を計ることは、誰にもできないのだから。』

 

カテゴリー:知性/知恵

世界的企業、TOYOTAグループの創業者、豊田佐吉は言った。『人間のやったことは、人間がまだやれることの100分の1にすぎない。』孔子は、『同じことを言っているのに、ある人の意見は聞き、ある人の意見は聞かないというのはどういう了見だ。』

>>続きを見る

 

『控え目な者は忍耐せねばならぬ。図々しい者は苦悩せねばならぬ。図々しくても控えめにしても、結局負い目を受けることは同じだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

エレノア・ルーズベルト元大統領夫人は言った。『自分が正しいと思うことをすればよろしい。しても悪く言われ、 しなくても悪く言われる。どちらにせよ批判を免れることはできない。』何をしたって結局、負い目を受けることになるのだ。

>>続きを見る

 

『どうあろうと人生常によいものだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

人間について考えを巡らせていると、やれ『人間本位』とか、『自分本位』とか、『傲慢でエゴイスト』だとかいうキーワードにぶち当たり、人間の存在理由について、善いか悪いかを見失うことがある。宮崎駿はかつて、

>>続きを見る

 

『努力する人間の困難な問題は、先輩の功を認め、しかも彼らの欠点によって妨げられないことである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

マルクスは言った。『歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ』先人たちの失敗を糧にし、先人たちの成功を足掛かりにし、我々人間は、前に進むことが要求される。

>>続きを見る

 

『すべてを自分自身のおかげだと思うとしたら、それ以上進歩はできない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『すべては自分自身のおかげではない』からだ。まず、自分の両親が存在しなければ、自分は存在しない。例えそれがどんな親であっても、それが絶対的な事実だ。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP