名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ゲーテ 名言/格言(14ページ目)

 

 

『常によい目的を見失わずに努力を続ける限り、最後には必ず救われる。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『最後には必ず救われるような目的を持つ』とも言えるわけだ。それが=よい目的、ということになる。そうしなければ、この言葉は成立しないからだ。

>>続きを見る

 

『何をなすべきか、いかになすべきか、をのみ考えていたら、何もしないうちにどれだけ多くの歳月がたってしまうことだろう。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

何をなすべきか、いかになすべきか、そういうことをぐるぐると考え、やるべきことを先延ばしにするとどうなるか。これについての偉人の言葉は出揃っている。

>>続きを見る

 

『愚者と賢者はともに害がない。半端な愚者と半端な賢者が、いちばん危険なのである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

賢者と愚者は、賢く、また愚かであるから、脅威とならないからだ。行動に移さない。自分が賢いと自負していて、自分が愚かだと自負している。だから出過ぎた行動は取らないよう注意するので、問題にならない。

>>続きを見る

 

『三千年の歴史から学ぶことを知らぬ者は、知ることもなく、闇の中にいよ、その日その日を生きるとも。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『三千年の歴史から学ぶことを知らない者であっても、確かに人生を生きることは出来るだろう。だが、その目は盲目と同じであり、命を浪費する可能性が高い。』

>>続きを見る

 

『今の人間は偉大なもののあらさがしをしては喜んでいる。偉大なものを攻撃すれば、その分、自分が偉く思われると信じているのだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『今の人間は偉大なもののあらさがしをしては喜んでいる。偉大なものを攻撃すれば、その分、自分が偉く思われると信じているのだ。ばかばかしい!偉大なものを尊敬してこそ、その分、自分も高まるのだ。』

>>続きを見る

 

『自分の方からできるだけ環境を支配するが、環境からはできるだけ支配されない。人間の最大の価値はおそらくそこにある。』

 

カテゴリー:自己/精神

安岡正篤は言った。『人物が偉大であるほど立派な環境を作る。人間ができていないと環境に支配される。』

>>続きを見る

 

『真の知識は経験あるのみ。』

 

カテゴリー:自己/精神

これはまずこういう意味だ。フランシス・ベーコンは言った。『何にせよ最上の証明とは経験である。』

>>続きを見る

 

『人はただ自分の愛する人からだけ学ぶものだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

ここで一旦『確証バイアス』という概念について考えてみる。確証バイアスとは、『バイアス』が思い込みとか先入観で、『確証』がついていることからもわかるように、

>>続きを見る

 

『人間は現在がとても価値のあることを知らない。ただなんとなく未来のよりよい日を願望し、いたずらに過去とつれ立って嬌態を演じている。』

 

カテゴリー:時間/運命

『嬌態(きょうたい)』というのは、男にこびを売る艶めかしい女性の態度だ。単なる例えで、この言葉の意味は結局、

>>続きを見る

 

『生きている間は、何事も延期するな。汝の一生は、実行また実行であれ。』

 

カテゴリー:時間/運命

ゲーテはこうも言った。『何をなすべきか、いかになすべきか、をのみ考えていたら、何もしないうちにどれだけ多くの歳月がたってしまうことだろう。』

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP