名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

アウグスティヌス 名言/格言

アウグスティヌス

 

アウレリウス・アウグスティヌスとは(画像

北アフリカ哲学者。生誕354年

 

アウグスティヌス関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

アウグスティヌスの言葉


 

『神は、人間をその本質が天使と獣との中間にあるものとしてお創りになられた。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

どちらか一方ではなく、『天使と悪魔』という両方の要素に傾く可能性がある。そういうイメージが頭をよぎるはずだが、それは本当のことだろうか。

>>続きを見る

 

『葬式は、死者に対する務めというよりは、生者に対する慰めである。』

 

カテゴリー:人生/生死

私はこの見解について、まったく同感である。孔子の超訳記事にも、

>>続きを見る

 

『全く知らないものを愛することはできない。しかし、少しでも知っているものを愛するときには、その愛によって、そのものをいっそう完全に知るようになる。』

 

カテゴリー:教育/愛情

確かに、名前も知らない、実態もわからない、色も形も匂いも何もかもわからない、 という『物(者)』を、どう愛すればいいか、ということになる。頭の中には、そのものに対して、どう想像することもできない。

>>続きを見る

 

『自分の実力が不十分であることを知ることが、自分の実力を充実させる。』

 

カテゴリー:自己/精神

その逆で、自分の実力が現時点で既に十分、あるいは十二分であり、ほぼ完全無欠の、全知全能の神であるかのように自覚する人間には、『伸びしろ』がない。

>>続きを見る

 

『神よ、私に貞潔さと堅固さをおあたえください。ですが、いますぐにではなく。』

 

カテゴリー:自己/精神

いかにも『人間らしさ』が垣間見えるワンシーンだ。アウグスティヌスがこう言ったとか、彼が何かを皮肉ったとか、そういう詳細はともかく、その印象が事実だ。人間とは、未練と執着にまみれた、哀れで愚かな、愛すべき生き物なのである。

>>続きを見る

 

『食べ物を選ぶように、言葉も選べ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『慎重さ』が必要だということだ。ところかまわず、何でもかんでも食べ物に手を伸ばし、その中に毒が入っていたり、あるいは腐っていたりして身体を壊し、最悪の場合は死ぬでしまうケースもある。

>>続きを見る

 

『愛に満たされるものは神ご自身に満たされる。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

ヒルティは言った。『愛は全てに打ち克つ。』ジミ・ヘンドリックスは言った。『力への愛に、愛の力が勝利した時、世界は平和を知る。』

>>続きを見る

 

『見えないものを信じるのでなければ、何が信仰であろうか。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

ちなみに私の両親はクリスチャンだ。しかし、私は違う。この、たった一言の説明では、わが家にあった波乱に満ちた毎日を、到底説明することが出来ないが、このサイトの至る所で説明しているので、ここでは割愛する。

>>続きを見る

 

『酒は、人を魅了する悪魔である。うまい毒薬である。心地よい罪悪である。』

 

カテゴリー:自己/精神

種田山頭火は言った。『ああ酒、酒、酒、酒ゆえに生きても来たが、こんなものになった。酒は悪魔か仏か、毒か薬か。』問題なのは、『合法』ということだ。

>>続きを見る

 

『世界とは一冊の本であり、旅に出ない者は同じ頁ばかり読んでいるのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

こんな言葉と併せて考えたい。ゲーテは言った。『僕はどうやらこの世における一個の旅人に過ぎないようだ。君たちとてそれ以上のものだろうか?』

>>続きを見る

 

『神は風を備える、だが人が帆をあげなければならない。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

この世にあるのは、宇宙だ。地球だ。海、山、風だ。だが、それらはあるだけだ。あるだけで、別に自分の人生とは無関係の存在である。

>>続きを見る

 

『良心と名声はふたつの別の事柄です。良心はあなた自身に属するもので、名声はあなたの隣人に属するものなのだから。』

 

カテゴリー:自己/精神

まず理解するべきなのは、地位、名誉、財産というものは、天国へ持っていくことは出来ないということである。天国があるかないかという話は別として、事実、死んだら終わりなのだ。

>>続きを見る

 

『私たちが当然なすべきことをなすは称賛に値しない。なぜならば、それを行うことは私たちの義務だから。』

 

カテゴリー:自己/精神

新渡戸稲造は言った。『自分の現在の義務を、完全に尽くす者が一番偉いと思う。』だから、称賛に値するのだ。本当は。

>>続きを見る

 

『あなた自身に立ち返れ、内なる人にこそ真理は宿る。』

 

カテゴリー:自己/精神

ここで見えて来るのは、『内なる人』と『外なる人』だ。どう考えたってこれは、『内に目を向ける人』と『外に目を向ける人』のことを表しているわけである。

>>続きを見る

 

『剣で人を殺すよりも、言葉で戦をつぶすほうが名誉なことである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

それは確かにその通りだ。武力行使で人に言うことを聞かせるよりも、そうじゃない選択肢で言うことを聞いてもらう人の方が、知性がある。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP