名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >  >

 

アインシュタイン『信念は、推進力としては役に立つが、調整器としては役に立たない。』

アインシュタイン


ドイツ理論物理学者 アインシュタイン

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


それもそのはず、『信念、理念、信条』とは、『曲げてはならないもの』なのである。つまりそれは、時にどこかと衝突することを意味している。それが強ければ突き破り、弱ければ破壊される。どちらにせよ、『調整』などと、最初からコロコロとその決めた道を変えるような人間には、『信念』などないのである。

 

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。

『私たち一人一人が航海しているこの人生の広漠とした大洋の中で、理性は羅針盤、情熱は疾風。』

 

『理性』が、道を指し示す『羅針盤』なのだ。『信念』は、更にその上を行く強固なものである。だとしたらその道のりのどんな障害があっても突き進む。これこそが『信念』の持つ圧倒的な実力である。この話は、弾み車効果と悪循環の概念を知ると、更に深い境地へと理解が深まるだろう。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

アインシュタイン『信念は、推進力としては役に立つが、調整器としては役に立たない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

アインシュタイン関連の書籍

 

同じ人物の名言


『理詰めで物事を考えることによって、新しい発見をしたことは、私には一度もない。』

 

『合理的に考えたからといって、社会生活に生じる問題をすべて解決できるわけではありません。』

 

『精神を大切にするというのなら、それとつながっている身体も大切にしなければなりません。』

 

『あなたがたの人間性を心にとどめ、そして他のことを忘れよ。』

 

『我々が進もうとしている道が正しいかどうかを、神は前もっては教えてくれない。』

 

『散らかった中から、簡素さを見つけよ。』

 

『人間性について絶望してはいけません。なぜなら、わたしたちは人間なのですから。』

 

『たとえ国家が要求しようとも、良心に反することはしてはならない。』

 

『昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ。』

 

『神の前において人は皆、同等に賢く、同等に愚かである。』

 

『私は未来のことは決して考えない。未来はすぐにやってくるのだから。』

 

『宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教にも欠陥がある。』

 

『教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP