名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『消化ということには、健康上一種の怠惰が必要である。およそ体験を消化するにもやはり同じ事だ。 』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


怠惰の前に、『咀嚼(そしゃく)』を考えたい。例えば『読書』だ。『速読』でもって、まず最初の初読を終わらせる。しかしどうだろう。本当にその本をすべて、理解しただろうか。していないなら『再読』する必要がある。そして、『熟読』する必要がある。

 

これが『咀嚼』だ。次の食べ物を放り込む前に、まず今食べたものを咀嚼し、噛みしめ、味わい、自分のものとする。

 

では次に『怠惰』だ。これはさしずめ、『余韻に浸る』ことである。確かに、虫歯にならない為には、食べたあとすぐにでも洗面所で歯を磨いた方が良い。

 

だが、私はそれをするつもりはない。せっかく美味しい食事を頂いたのだ。少しその『余韻』を味わってからでも、取り返しはつくだろう。虫歯にならないように人生を生きているわけではないのだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

27.『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。

基礎・準備期間を怠るキリギリスは、アリよりも明るい将来を望むな。


>>続きを見る

 

29.『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。

孫子の兵法、『風林火山』の極意を見極めよ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『大変という字は大きく変わると書く。大きな変化を自分に期待する人間が、大変な思いを避けてどうする。』

 

黄金律

『逆に、なぜ一本道だと思ったのか。』

 

 

黄金律

『いくら押しても開かないドアがあるなら、それは『引きドア』だ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

黄金律

『真っ白で、綺麗で、勝者でいられるって、そりゃあそうだろう。黒に触れなきゃ、白くいられる。』

 

 

 

 

ニーチェ『消化ということには、健康上一種の怠惰が必要である。およそ体験を消化するにもやはり同じ事だ。 』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ニーチェ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『孤独のなかでは、人がそのなかへ持ち込んだものが成長する。』

 

『人々がいつでも、正直なことをいうのはなぜか。神が嘘を禁じたからではない。それは、嘘をつかないほうが気が楽だからである。』

 

『脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮してゆくことを妨げられた精神も同じことである。』

 

『信念は嘘よりも危険な真理の敵である。』

 

『毎日少なくとも一回、なにか小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も無駄になるおそれがある。』

 

『愛せなければ通過せよ。』

 

『愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある。』

 

『どれほど良いことに見えても、「~のために」行うことは、卑しく貪欲なことだ。』

 

『おのれの友のうちに、おのれの最善の敵を持つべきである。君が友に敵対するとき、君の心は彼に最も近付いているのでなければならない。』

 

『一般的にいって、本当の友情は喜びと悲しみを共にすることによってのみ結ばれるものです。』

 

『君は奴隷か?それなら君は友とはなれない。君は暴君か?それなら君は、友を持てない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP