名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

松下幸之助『誰でもそうやけど、反省する人は、きっと成功するな。』

松下幸之助


日本実業家 松下幸之助画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


『誰でもそうやけど、反省する人は、きっと成功するな。本当に正しく反省する。そうすると次に何をすべきか、何をしたらいかんかということがきちんとわかるからな。それで成長していくわけや、人間として。』

 

 

『正しく反省』だ。ここを間違えたらこの言葉は成立しない。例えば、仮説と検証の繰り返しが当たり前の実験の世界で、AとBを組み合わせた結果、失敗してしまった。

 

だがその時、その実験結果を正確に理解し、記録し、次の実験に活かせば、もう二度とAとBの組み合わせはしないどころか、それと類似した組み合わせもすることがなくなる。

 

例えばAとEが同じ様な物質で出来ていた場合、EとBという組み合わせをすることはなくなるわけだ。

 

 

『成功』というが、その結果は、時間が無限であり、資金も無限であれば、絶対に、どんな人間でも確実に辿り着く境地だ。だが、それらは有限である。だとすると、その限られたリソースの中で合理的に行動し、結果までの最短距離を行くことが求められるわけだ。

 

ここで言う『正しい反省』をする人間は、この様な現実を直視している人間である。従って、有限の人生の中で結果を捻出しやすい、ということが言えるわけである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

松下幸之助『誰でもそうやけど、反省する人は、きっと成功するな。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

松下幸之助関連の書籍

 

同じ人物の名言


『自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。』

 

『人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。』

 

『知恵のポンプは汲めば汲むほど湧いてくるんや。』

 

『真剣に生きる人ほど無理はしない。』

 

『熱心は、人間に与えられた大事な宝である。そしてこの宝は、誰にでも与えられているのである。』

 

『礼儀作法は人間関係を滑らかにする。社会生活の潤滑油である。』

 

『鳴かぬなら それもまたよし ホトトギス。』

 

『美と醜は表裏一体。美の面に囚われ、反面の醜を責めるに急なのは、真実を知らぬ姿である。』

 

『悩んでも悩まない、そういうように感じることができれば、人生は決して心配することはない。』

 

『仕事が伸びるか伸びないかは、世の中が決めてくれる。世の中の求めのままに、自然に自分の仕事を伸ばしてゆけばよい。』

 

『人がこの世に生きていく限り、やはり何かの理想を持ちたい。希望を持ちたい。それも出来るだけ大きく、出来るだけ高く。』

 

『アイデアを生むと言っても、口先だけでは生まれない。これもやはり熱心であること。寝てもさめても一事に没頭するほどの熱心さから、思いもかけぬ、よき知恵が授かる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP