名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

小林秀雄『世間を渡るとは、一種の自己隠蔽術に他ならない。』

小林秀雄


日本文芸評論家 小林秀雄画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


処世術に長けている、という人物を見かけることがある。しかし、彼らは処世、処世と、世を渡ることに気を囚われて、たった一度の自分の人生を見失っていることを理解していない。

 

自分こそは、唯一無二の要素だ。過去、未来永劫の時間の規模において、ひとつとして同じ要素のものは存在しない。双子でも、血筋でも、ドッペルゲンガーとて同じ要素ではない。

 

それなのに、そのオリジナルな要素をダイヤモンドよりも、ハリウッドスターよりも、金環日食よりも低く見積もっているのは、いささか、目に節穴が空いていると言わざるを得ない。

 

我々は、たった一度の人生を生きているのだ。そのことについて、一度立ち止まって、じっくりと考える必要がある。世間を上手に渡ることよりも、重きを置くべきことがある。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

小林秀雄『世間を渡るとは、一種の自己隠蔽術に他ならない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

小林秀雄関連の書籍

 

同じ人物の名言


『人間は何もしないで遊んでいる時に育つんだよ。』

 

『青年にとってはあらゆる思想が、単に己の行動の口実にすぎぬ。』

 

『教えようと思っている人から教わった人は一人もいない。』

 

『見ることは喋ることではない。言葉は眼の邪魔になるものです。』

 

『科学というのは、人間が思いついた一つの能力に過ぎないということを忘れてはいけない。』

 

『僕らが生きてゆくための知恵というものは、どれだけ進歩してますか。例えば論語以上の知恵が現代人にありますか。』

 

『絶望するにも才能がいる。』

 

『歴史は進歩なんかしない。ただ、変化するだけだ。』

 

『老醜という言葉は様々な生物にいえるが、大木には当てはまらぬ。大木は老いていよいよ美しい。』

 

『現在の行動にばかりかまけていては、生きるという意味が逃げてしまう。』

 

『芸術は、タブーを持ったら衰退する。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP