名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ラッセル『最悪なのは、あらゆる人間を分類して、わかりやすいレッテルを貼ることである。この不幸な習性の持主は、自分が相手に適切だと思うタグを貼りつける時に、その相手について完全に知っていると考える。』

ラッセル


イギリス哲学者 ラッセル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


『自分にとってわかりやすいレッテルを貼る』ということがポイントだ。要は、自分こそは、全てを理解できる人間である、という自負を抱きたいのである。

 

相手のことは、理解しているに決まっている。『だって自分の子供だから』、『年下だから』、『格下だから』等々、とにかく人間は無限の言い訳の中から、さも正論っぽい意見を引き出してきては、そのレッテルを相手に貼り、相手を理解した、支配した、という気分に浸ろうとするところがある。つまり、人間というものはエゴイストなのである。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    ラッセルの言葉を自分のものにする



    ラッセルはこうも言った。

    『世界の災いの一つは、何か特定のことを独断的に信ずる習慣である。理性的な人間なら、自分が絶対に正しいなどとむやみに信じたりはしないだろう。私たちは常に、自分の意見にある程度の疑いをまじえなければいけない。』

     

     

    つまり、人間はニーチェの言う通り、

    『論理は完全な虚構の見本である。現実の中には論理などは存在せず、現実はまったく別の複雑極まりないものである。我々は実際の出来事を思考においていわば簡略化装置で濾過するように、この虚構を図式化することによって記号化し、論理的プロセスとして伝達および認識可能なものとする。』

     

     

    自分が認識できる記号に目の前の現実を置き換えることで、虚無たる混沌のこの宇宙の闇と複雑さを『簡易化』し、フワフワと浮いてしまう自分の心、精神を『落ち着かせる』。それで自分の精神を安定させようとするのだ。

     

    人間は、得体のしれないものに対して、ひどく恐怖を覚える生き物なのである。だから逃げるとき、『何から逃げているか』を確認しようとするところがあって、それを確認すると、その前と比べて、少し精神が落ち着きを取り戻す。

     

    ショーペン・ハウエルは言った。

    『誰もが自分の視野の限界を、世界の限界だと思い込んでいる。』

     

    そして、『思い込みい』のだ。得体のしれない世界に生きている事実や、得体のしれない相手に対して、恐怖を覚えてしまうからであり、自分の心を安定させるために、そのような『わかりやすいレッテル』を貼ろうとするわけだ。

     

    しかし、手塚治虫がこう言った様に、

    『円周率とか1、2、3、というのは、地球だけの真理であって、宇宙にはそれとは違う、まるっきり想像を絶した、知識の体系があるかもしれない。』

     

    あるいはここで出てきている偉人たちが口を揃えて言っている様に、その解釈には『エゴ』が含まれているのであって、『実態』及び『真実』と相違ある可能性がある点について、目を逸らすべきではない。

     

    私も、よく『わかりやすいレッテル』を貼られたクチだ。というか今もそうであり、それはこれからも間違いなくそうだろう。私が自分で、自己主張の方法を変えない限りは。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    ラッセル『最悪なのは、あらゆる人間を分類して、わかりやすいレッテルを貼ることである。この不幸な習性の持主は、自分が相手に適切だと思うタグを貼りつける時に、その相手について完全に知っていると考える。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    ラッセル関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『諸君が自分自身に対して関心を持つのと同じように、他人が自分に関心を持っているとは期待するな。』

     

    『愛情を受け取る人間は、一般的に言えば愛情を付与する人である。』

     

    『世界の災いの一つは、何か特定のことを独断的に信ずる習慣である。理性的な人間なら、自分が絶対に正しいなどとむやみに信じたりはしないだろう。私たちは常に、自分の意見にある程度の疑いをまじえなければいけない。』

     

    『浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。』

     

    『幸福になる秘訣をお教えしよう。できるだけいろいろなものに興味を持ち、物ごとであれ人間であれ興味を感じるものを無視せず、できるだけ好意的に接することだ。』

     

    『行いの悪い者に腹を立てるのは時間の無駄である。動かない車に怒るのと同じようなものだから。』

     

    『政府がちょっと手を貸せば、どんなに馬鹿げた事でも大多数の国民が信じるようになる。』

     

    『何かをやれるという最良の証拠は、他人がすでにそれをやり遂げたという事実である。』

     

    『愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ。』

     

    『実際、人類の大半が愚かであるということを考えれば、広く受け入れられている意見は、馬鹿げている可能性のほうが高い。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP