名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

森信三『たびたび申すことながら諸君!!この人生は二度とないのです。』

森信三


日本教育者 森信三

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


こういう言葉を言った人間がいる。

『母さん。もし自分の人生が二度あるんだったら、母さんの言う通りに生きます。でも、この人生は一度しかないんです。』

 

その通りだ。『母さん』の言うことも、『父さん』の言うことも、聞く必要はない。 もし、それらの言うことを聞く必要がある、と考える人がいるならば、それは『恵まれた人』だということだ。

 

世の中には、『母さん、父さん』に、虐待され、嫌がらせをされ、足を引っ張られた人間が山ほどいる。そんな人たちに『親の言うことを聞け』などと一辺倒に言う人間は、あまり『人間』というものを理解していない。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    森信三の言葉を自分のものにする



    例えば私は、両親にクリスチャンであることを強要された時間は、29年間だ。ひどかったのは15、6年間。そして残りの14年間は、『願われて』いた。食事をするとサッと隣について、辛気臭い雰囲気を作り出し、祈りを始めたのだ。それは私への『あてつけ』であり、親からすれば、それは『愛情』だった。

     

    29歳の時、実家に帰ったこともあり、ついに決着をつけようと思って、真正面から話をしたのだ。

     

    四聖』に数えられる、

     

    孔子

    孔子

    ソクラテス

    ソクラテス

    ブッダ

    ブッダ

    キリスト

    キリスト

     

    彼らの圧倒的な教えと、多様性の存在、そして真理の探究についてを軸にしながら、キリスト教だけが正しい答えであるかのように説く親に、それらの事実について、淡々と説いて諭した。

     

    最初は、それはそれはいわれのない悪口を言ってきて、自己防衛した。

    『真理の探究をする自分が、正しいと思ってるの?』

     

    という発言をし、およそその立居振舞は『クリスチャン』と呼べる人間ではなかったのだ。

     

    私が29年間母親を論破しなかった理由はいくつかある。その一つは、親が信仰によって支えられて生きているという事実についてだ。私がもし、圧倒的な論理でクリスチャンの存在の正当性を薄めてしまったら、もしかしたら母親は、死んでしまうんじゃないか。

     

    かつて、

    『俺の為に(信仰を)やめろよ!』

     

    と言った時、

    『…私はやめられない。』

     

    と言ったことが頭に焼き付いていた。母親は、私との親子関係の改善よりも、自分の信仰を取ったのだ。そして私が非行に走ると、それもそのまま私の責任だと強く揶揄して非難した。

     

    それほどまでに依存している信仰。それを私が論破して打ち砕くということが、どういうことになるか。私はひっそりと、それだけの時間、こらえて来たのだ。そこには、私からの親に対するささやかな愛情があった。

     

     

    私は上に挙げたように、きちんと『キリストの正当性』も高く評価したことで、論破の際、母親はそこまで打ち砕かれることはなかった。

     

    そしてこう言ったのだ。

    『確かにクリスチャンは、自分たちだけが正しいと思う傾向があると思う。』

     

    …一体、サラッと言ったこの発言を言うまでに、どれだけの時間がかかり、どれだけのドラマがあったことだろうか。

     

    今、私と母親は、我が家史上で最も関係が良好になっている。それは、母親が私にクリスチャンになることを『表層では』強要しなくなったからだ。

     

    我々は、たった一度の人生を生きているのだ。『~のため』という詭弁は今すぐにやめるべきだ。それは、『~のため』にならない。そして、自分の為にもならないのだ。たった一度のこの人生を、無駄にしてはならない。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    森信三『たびたび申すことながら諸君!!この人生は二度とないのです。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    森信三関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『教育とは流れる水の上に文字を書くような儚いものだ。だが、それを岩壁に刻み込むような真剣さで取り組まなくてはいけない。』

     

    『人間には進歩か退歩かのいずれかがあって、その中間はない。現状維持と思うのは、実は退歩している証拠だ。』

     

    『人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。』

     

    『いやしくも生をこの世に受けた以上、それぞれの分に応じて、ひとつの心願を抱き、それを最後の一呼吸まで貫かなければならない。』

     

    『私は人間は、第一はどこで生まれたか、第二は両親および家系にどんな特色があるか、第三は習った先生にどういう影響を受けたか。それによって人間は決まるという考えを持っています。』

     

    『「先の見通しがどれほど利くか」「どれほど他人の気持ちの察しがつくか」「何事についても、どれほどバランスを心得ているか」この3つで、人間の知恵は一応わかる。』

     

    『死は人生の総決算である。肉体の朽ち果てたあとに、なお残るものは、ただ、肉体が動いている間に成した真実のみである。』

     

    『自己に与えられた条件をギリギリまで生かすことが、人生の生き方の最大最深の秘訣である。』

     

    『一生を真に充実して生きる道は、結局今日という一日を真に充実して生きる外(ほか)ないでしょう。』

     

    『人間の偉さは才能の多少よりも、己に授かった天分を、生涯かけて出し尽すか否かにあるといってよい。』

     

    『われわれ人間は、感激や感動のできる間は、まだその人は進歩する可能性を持っていると言ってもよいでしょう。』

     

    『人間の値打ちというものは、その人が大切な事柄に対して、どれほど決心し努力することができるかどうかによって決まる。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP