名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

鈴木敏文『石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。』

鈴木敏文


日本実業家 鈴木敏文画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。セブンイレブンの平均日販の高さは、基礎からの積み上げと未来を起点にした発想の産物にほかならないということです。』

 

 

上質さ、手軽さ、その両面を追うことができ、しかもそれを兼ね備えた製品やサービスを、すぐに供給することが出来る。それが可能であれば、ビジネスは面白いようにスムーズに展開することが出来るだろう。

 

だが、それが容易ではないのだ。そこに到達するまでの道のりが、一朝一夕ではないのだ。

 

三菱商事社長、三村庸平も、

『基礎を固めた人には必ずチャンスが来る。』

 

と言ったが、基礎・土台作りの重要性は、計り知れないものがある。それはビジネスの世界に限った話ではない。スポーツでも、武道でも、教育でも、夫婦や家族の絆でもそうだ。

 

関連リンク:弾み車効果と悪循

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

27.『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。

基礎・準備期間を怠るキリギリスは、アリよりも明るい将来を望むな。


>>続きを見る

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

鈴木敏文『石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

 

『変化はチャンスになる。工夫次第で成長は可能だ。』

 

『流れに乗って、変化を先取りしていくことが重要だ。』

 

『スーパーも百貨店も、昔からのやり方に慣れ切っている。社風を変えようと口で言うのは簡単だが、無理しないと変えられない。』

 

『市場の空白地帯を探り続ける。顧客から変わらぬ支持を得るには、その努力が不可欠なのです。』

 

『顧客に新しいものを提供する。私の頭のなかにあるのは常にそのテーマです。』

 

『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。』

 

『売り手はとかく、「競争相手に負けない商品をつくる」といった発想をしてしまいがちです。しかし、それを買う顧客にとっては、何の意味もありません。』

 

『顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。』

 

『トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、 もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。』

 

『同じ「気温20度」でも、真夏と真冬では感じ方がまったく違ってくるように、 数字は見方次第でいくつもの読み方ができます。』

 



↑ PAGE TOP