名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

モーセ『わたしのほかに神があってはならない。』

モーセ


古代イスラエル民族指導者 モーセ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


※『モーセの十戒』である。

 

エマーソンは言った。

『モーセやプラトンミルトンの最大の長所とされるのは、彼らが書物や伝統にとらわれることなく、自分たちが考えたことを語ったことである。人間が見つけ出し、注視しなければならないのは、賢人や詩人たちの綺羅星のごとき輝きではなく、おのれの精神の内から発する閃光である。

 

ところが人間は、自分の思想を、それが自分のものであるという理由で、かえってあっさり捨て去ってしまう。』

 

 

モーセという人物は、私がチェックしている偉人の中でも、最も古い人物であり、その下は、300歳年下のソロモン王ということになる。共に、紀元前1300年、1000年という遥か昔の人物であり、今から数えれば、3000年以上も前ということになる。

 

人間の『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

彼らはそれぞれ、およそ紀元前500年~4年頃に生まれた人間であり、それよりも更に、500年~1300年も前の人間というわけで、何から何まで、この世に対する考え方が違った時代の人物だっただろう。

 

私の親はクリスチャンであり、私はクリスチャンになることを、幼少の頃からずっと強要され続けて来た。しかし、私はクリスチャンではなかった。もちろん、ムスリムでも、ユダヤ人でも、仏教徒でもなければ、何者でもなかった。

 

それ故、『無神論者である』と主張してきたわけだが、どうも、上に挙げた四聖も含めた、数々の偉人の言葉と向き合っているうちに、私は『無神論者ではない』と言った方が、正確である事実が浮き彫りになってきた。

 

その事実を明確にするためにまず挙げておく必要があるのは、この図式である。

 

『神=真理=愛』。

 

これらがすべて、=であるという認識を強く抱くようになり、だとすると、私は『神(という人物)』こそ信じられなかったが、『真理』や『愛』の存在は確かに感じていたわけで、『それと=である』という『神』の存在は、少年時代、家を飛び出したあの頃に比べると、格段に違うほど、理解できるようになったのだ。

 

その後、私は2015年2月『エクソダス神と王』を観た時、その確信が更に強化されることとなった。主人公であるモーセは、キリストよりも1300年前に生まれていた人間であり、歴史上では『神の代理人』とされているわけだが、そのモーセが、作中で『神』と出会い、そしてその子供の姿をした『神』は、こう言ったのだ。

 

『私は、ある。

 

つまり、『いる』のではなく、『ある』。その言葉の違いを理解した時、今回の十戒の言葉をもう一度よく見てみると、

 

『あってはならない』

 

となっていることがハッキリとわかるようになっているのだ。

 

たとえば、混沌としている時、目の前に『たくさんの光』が輝いているとする。

 

 

そんな時、一体どの光を選べば人間は道に迷わず生きていけるのか、ということを考えた時、『真理(神・愛)』という圧倒的な規範があれば、その光に向かって迷わず足を前に進ませることが出来、そして、不思議なことに、その道を歩くことは、本当に人間の心に悔いを残さない。

 

例えば、わかりやすく『愛』で考えた時、目の前で困っている男がいる。しかし、多くの人は、そこを素通りし、見て見ぬフリをしている。どうすればいいのか。周りの人と違う行動を取ることは、間違っていないのか。

 

しかし、自分の心に問いかけた。

(これを見て見ぬフリして生きながらえる人生に、何か意味でもあるのか?)

 

意を決してその男に救いの手を差し伸べた。すると、彼は心から喜んだ。彼の心は、『愛』で満たされ、救われているようだった。そして救われたのは彼だけではなかった。気づけば、自分の心も、『愛』で満たされ、充足していた。

 

 

(よかった。間違っていなかった。)

 

『神(愛・真理)』とは、こういう圧倒的な規範である。

 

それならば、私もそれは経験済みである。そういう時、いつも私の心は充足しているのを覚える。だとしたら、私は無神論者ではない。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

モーセ『わたしのほかに神があってはならない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

モーセ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。』

 

『主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。』

 

『あなたの父母を敬え。』

 

『殺してはならない。』

 

『姦淫してはならない。』

 

『盗んではならない。』

 

『隣人に関して偽証してはならない。』

 

『隣人の妻を欲してはならない。』

 

『隣人の財産を欲してはならない。』

 

『偶像を作ってはならない。』

 




x

↑ PAGE TOP