名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

岡本太郎『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』

岡本太郎


日本芸術家 岡本太郎画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


岡本はこうも言う。

『危険だと言う道は、必ず自分の行きたい道なのだ。』

 

『僕はいつでも最低の悪条件に自分を突き落とす。そうすると逆にモリモリッと奮い立つ。 自分が精神的にマイナスの面をしょい込むときこそ、自他に挑むんだ。 駄目だ、と思ったら、じゃあやってやろう、というのが僕の主義。 最大の敵は自分なんだ。 』

 

また、セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長兼CEOの、鈴木敏文はこう言っている。

『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    岡本太郎の言葉を自分のものにする



    困難に見える道は、『困難に見えているだけ』だ。登山をした人は皆知っている。別に、登ってしまえば、なんてことはない。 もちろん、絶対に自然を舐めてはならない。山を舐めたらひどい目に遭うだろう。山が厳かであればあるほど、命を落とすこともある。

     

    だが、どちらにせよどうせ死ぬのだ。最初からこの人生は一度しかない。一度しかない登山で、道が二手に分かれ、楽な道と困難な道を選ぶことになれば、どちらを選べば『命を使い切った』と思うだろうか。『道の選択』で問われるのはそういう問題だ。

     

    例えば、剣を振り落されたとき、背中を向けてそこから逃げるのではなく、実は思い切って相手の顔に踏み込んだ方が、斬られなくて済むということがある。むしろ逃げたら、剣の間合いにちょうど入って、ズバッと思い切り斬られてしまうのだ。

     

    楽な道は、背中を向けて逃げる選択肢を選んだ道だ。それなら勇気を振り絞る必要はない。本能に任せて、いつも通りだらだらと、反応的に、私利私欲に身を任せ、あるいは自己防衛という名の下に、敵に背中を向けて泣き叫んで逃げればいいだけだ。しかし、その道を選んだとしても、生き延びれるかどうかはわからないのだ。

     

    そう考えると困難な道とは、人生を全うするために避けて通れない道なのかもしれない。

     

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    岡本太郎『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    岡本太郎関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『ひたすらそれを貫いてみる。はたから見れば、あの人はなんという意志の強い人なんだろうということになるんだ。』

     

    『恐怖感は自分一人でなく、これは人類全体の運命なんだと思って、取り組んでいけば、以外に救われるんじゃないか。』

     

    『他人に対して自分がどうであるか、つまり、他人は自分のことをどう見ているかなんてことを気にしていたら、絶対的な自分というものはなくなってしまう。』

     

    『ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。僕は幸福という言葉は大嫌いだ。』

     

    『芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。』

     

    『持って生まれた性格は、たとえ不便でも、かけがえのないその人のアイデンティティなんだから、内向性なら自分は内向性なんだと、平気でいればいい。』

     

    『友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹を決めて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。』

     

    『自分をぶっ壊してやろうというつもりで、そのくらいの激しさで挑まなければ、いままでの自分を破壊して、新しい自分になることはできない。』

     

    『生涯を通じて、瞬間瞬間の危険に賭けるのが真の人間の在り方だと思う。』

     

    『我が人生、他と比較して自分を決めるなどというような卑しいことはやらない。ただ自分の信じていること、正しいと思うことに、脇目もふらず突き進むだけだ。』

     

    『僕だってしょっちゅう行き詰っている。行き詰った方が面白い。それを突破してやろうと挑むんだ。もし、行き詰らないでいたら、ちっとも面白くない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP