名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

武者小路実篤『死の恐怖を味わうことは、その人がまだ生きてしなければならない仕事をしていないからだ。』

武者小路実篤


日本作家 武者小路実篤画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


マルクスは言った。

『出てけ、失せろ。最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。』

 

この二人の言葉を聞いて、今、自分の心はどう騒ぎ出しただろうか。その胸騒ぎに、耳を素直に傾けるべきである。

 

もし、騒がないと言う人がいれば、それはこの二人の話を最初から熟知していた人か、あるいは思慮を放棄した人だ。

 

三浦綾子はこう言い、

『失敗を恐れて何もしない人間こそ、全生涯が失敗となる。』

 

フランクリン・ルーズベルトは言った。

『我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。』

 

 

人生の黄昏時を迎えて、もし『恐怖』たる『悔い』を残すのであれば、それは人生に立ち向かうことを放棄して来たツケが回ってきた証拠だ。 死の床に着くとき、振り返って後悔するのは、『負ってきたリスク』ではない。

 

避けてきたリスク、掴まなかったチャンス、立ち向かわなかった恐怖なのである。

 

今日が人生最後の日だと思って、毎日を生きたい。本当に今日が最後になるかもしれないのだから。 命を、使い切れ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

武者小路実篤『死の恐怖を味わうことは、その人がまだ生きてしなければならない仕事をしていないからだ。』


スポンサーリンク

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

武者小路実篤関連の書籍

 

同じ人物の名言


『この道より、われを生かす道なし。この道を歩く。』

 

『人は死ぬ瞬間までも、もしかしたら助かるかもしれないと空想し得る力を与えられている。』

 

『人間は神が創ったということは僕は信じられない。神が創ったものとしては人間は無情すぎ、不完全すぎる。しかし自然が生んだとしたら、あまりに傑作すぎるように思えるのだ。』

 

『金のある者は、金があるために不正をし、金のない者は、金がないために不正なことをする。』

 

『自分は、人生はむつかしく解釈するから、分からなくなるのだと思う。』

 

『自分の力に合うことだけしろ、その他の事はおのずと道が開けてくるまで待て。』

 

『友情の価値は、両方が独立性を傷つけずに付き合えるという点にあるのだ。』

 

『ものになるかならないかは、実に一寸したところで決まるのだ。昨日までものにならなかった人が、今日はちゃんとものになっていた、そういう事実を自分は何度か見た。』

 

『自分を信じて行かなければいけない。教わるものは遠慮なく教わるがいいが、自分の頭と眼だけは自分のものにしておかなければいけない。』

 

『他人がどうあろうと自分さえ、ちゃんとしていればいい。するだけのことをすればいい。』

 

『青年のくせにぐうたらだったり、怠けることを考えたり、快楽に溺れて平気でいたりする者は、理想を持たない現実の敗北者である。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP