名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

手塚治虫『円周率とか1、2、3、というのは、地球だけの真理であって、宇宙にはそれとは違う、まるっきり想像を絶した、知識の体系があるかもしれない。』

手塚治虫


日本漫画家 手塚治虫画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


だとしたら『それが真理』だ。『1+1=2』であるという地球近辺の宇宙の真理が通用しない場所があるとしたら、『それが真理』だ。『通用しない』というのが真理。

 

例えば、下にある色鉛筆に、

 

 

『赤系の色』がいくつかあるが、地球では、これらを全て『赤である』と定義している。しかし、宇宙ほどの規模となると、『いや、左から順に、ピンク、紫、朱色である。』として、その一つ一つに対して、更に明確な真理を定義づけ、『赤系の、ピンクだ』とか、『赤系の、それは紫だね』として、緻密に細分化することになるのかもしれない。

 

だが、それでも『赤系である』という事実には変わりはないし、更に言えば、『色』という概念があるという事実や、『宇宙があって、地球があって、確かに人間や動植物がある』という事実が間違いなく存在するように、そうはいっても地球の真理の存在は失われないことになる。

 

 

つまり、『地球で認識している赤』は、確かに『宇宙から見たら朱色』となるかもしれないが、『赤系である』という事実や、あるいは『朱色の色が失われることは無い』のであり、人間が認識したのは『朱色』なんだから、別にその他の宇宙の『理解できない話』を聞いても、『理解できない』のだから、それを考えるのは死後の世界を考えるようなものである。

 

ニーチェは言った。

『論理は完全な虚構の見本である。現実の中には論理などは存在せず、現実はまったく別の複雑極まりないものである。我々は実際の出来事を思考においていわば簡略化装置で濾過するように、この虚構を図式化することによって記号化論理的プロセスとして伝達および認識可能なものとする。』

 

 

人間が認識しているこの実態や論理、真理といった概念は、全て『人間が認識できる記号』に変換され、我々はそれを認識している。

 

例えば『真理』と今書いた、この言葉を日本人が見た時、思い浮かべることが出来るものがある。しかし、それはあくまでも『人間が認識できる概念』であり、動植物や、その他の森羅万象はそれを認識できない可能性が高い。

 

だとしたら、どの道人間が認識できない概念の話をしても、人間にとっては無意味かもしれない。もちろん、それを想像し、解読しようとする人間の頭脳は、無限の可能性を持っているようにも見える。

 

内省した見えてきたのは、『人間には無限の可能性がある』ということと、手塚治虫の言うように、『宇宙には人間の想像を絶する世界があるかもしれない』ということだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

30.『人間は今、『最高到達地点』にいない。

その『真理』は誰から見ての真理だ。人間なら当然完全ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

手塚治虫『円周率とか1、2、3、というのは、地球だけの真理であって、宇宙にはそれとは違う、まるっきり想像を絶した、知識の体系があるかもしれない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

手塚治虫関連の書籍

 

同じ人物の名言


『30分も眠るとつらくなるから、10分で起こしてください。』

 

『漫画の含む笑いの要素は、いちばん高級なやつでなければならない。猿の笑いと一緒くたでは困る。』

 

『「ダメな子」とか「わるい子」なんて子どもは、ひとりだっていないのです。もし、そんなレッテルのついた子どもがいるとしたらそれはもう、その子たちをそんなふうに見ることしかできない大人たちの精神が貧しい。』

 

『あと40年ぐらい書きますよ。アイデアだけは、バーゲンセールしてもいいくらいあるんだ。』

 

『「荒唐無稽」とか「夢の中」にこそ、日本人の忘れていたものがある。』

 

『一流の映画をみろ、一流の音楽を聞け、一流の芝居を見ろ、一流の本を読め。そして、それから自分の世界を作れ。』

 

『自然や人間性を置き忘れて、ひたすら進歩のみを目指して突っ走る科学技術が、どんなに深い亀裂や歪みを社会にもたらし、差別を生み、人間や生命あるものを無残に傷つけていくか。』

 

『人を信じよ。しかし、その百倍、自らを信じよ。』

 

『わたしの漫画は絵ではない、記号の集合体である。』

 

『人の一生とはあらしのようなものだ。あらしのつよいときは風に身をまかせろ。あらしのよわまったときに全力を出し進め!!』

 

『どんな仕事にしろ、プロの道は険しい。一人前に食べていけるプロだと、自信を持って言える人間になるには、道楽や片手間にやる程度ではダメなのだ。』

 

『人間は、果てしなく賢明で、底しれず愚かだ。』

 

『人間は、生きている間に、なぜもっと素晴らしい人生を送らないのかなぁ。素晴らしい満足しきった人生を送れば、死ぬ時にそんなに苦しまなくたっていいんだろうなぁ。』

 

『合理化はゆとりや遊びの空間を消して、むしろ人を遠ざけることになります。』

 

『今日素晴らしいアイデアを思いついた!トイレのピエタというのはどうだろう。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP