名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

岡本太郎『いままでの自分なんか蹴トバシてやる。そのつもりで、ちょうどいい。』

岡本太郎


日本芸術家 岡本太郎画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『人生に挑み、本当に生きるには、瞬間瞬間に新しく生まれ変わって運命をひらくのだ。それには心身ともに無一物、無条件でなければならない。捨てれば捨てるほど、いのちは分厚く、純粋に膨らんでくる。いままでの自分なんか蹴トバシてやる。そのつもりで、ちょうどいい。』

 

捨てると膨らむ。

 

 

そんな原理はどんな原理だろうか。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    岡本太郎の言葉を自分のものにする



    普通、『捨てる』と、『減る』はずだ。逆のはずなのである。

     

    だが、『いや、膨らむ』と言う。『今までの自分なんか、捨ててやれ』と言うのだ。

     

    作家、島崎藤村は言った。

    『古いものを壊そうとするのは無駄な骨折りだ。ほんとうに自分等が新しくなることが出来れば、古いものは壊れている。』

     

    ここで『今までの自分を捨てるのは無駄な骨折り』という見解が出てきたが、実は言っていることは同じだ。

     

    別に岡本太郎も、『今までの自分をまず捨てろ』とは言ってない。言っているのは、 『人生に挑んで、新しく生まれ変われ』である。だから二人の言葉は共通している。

     

    新しい自分に挑む⇒古い自分が壊れる

     

    という図式なのである。

     

     

    ゲシュタルトの破壊と創造』とは、難しい話でも何でもない。

    10年後の自分のゲシュタルト(人格)を設定する。それは当然、今のゲシュタルト(人格)ではない、成長したゲシュタルトである。

     

    そこに到達する為には、今までの自分ではダメだ。今までの自分が取っていた行動とは、違う行動を取らなければならない。そうでなければ、10年後も、今の自分とほぼ変わらないゲシュタルトになるからである。

     


    フランスの小説家、バルザックの言葉で、

    『諦めは日常的な自殺である。』

     

    とあるが、そこにも書いた、バーナード・ショーの、

    『人は習慣を好む、なぜならばそれを作ったのは自分だから。』

     

    に私は、どうしても甘えが抜けきれないような、何度注意しても同じミスをしてしまう様な人間には、

     

    『死ねよお前は』

     

    と言うと書いたが、その通りだ

     

    良いんだ。死んで。

     

    その代り死ぬのは、今までの自分である。

     

    脱皮だ。

     

    孵化だ。

     

    『執着』するほど大した人間ではないだろう。

     

    孔子

    孔子

    ソクラテス

    ソクラテス

    ブッダ

    ブッダ

    キリストではあるまいし。

    キリスト

     

    エラスムスは言った。

    『人生に執着する理由がない者ほど、人生にしがみつく。』

     

    まだまだ上の境地があるのだ。たった一度のこの人生で、未踏未達の新たな自分を、 見てみたいとは思わないだろうか。

     

    岡本太郎の父、岡本一平は言った。

    『仲間や同僚をライバルにするな。ライバルはお釈迦様か、キリスト様にしろ。』

     

    彼らを超える存在になるまで、挑戦し続けよ。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

    『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


    >>続きを見る

     

    37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

    金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


    >>続きを見る

     

    38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

    一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    岡本太郎『いままでの自分なんか蹴トバシてやる。そのつもりで、ちょうどいい。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    岡本太郎関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』

     

    『僕は流れるって感じが好きなんだ。固定したものは全然つまらない。人生だってそうだろう?いつも流動的で、何が起こるかわからない。だから面白いんだ。』

     

    『手なれたものには飛躍がない。常に猛烈なシロウトとして、危険をおかし、直感に賭けてこそ、ひらめきが生まれるのだ。』

     

    『決意の凄味を見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。』

     

    『ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。僕は幸福という言葉は大嫌いだ。』

     

    『芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。』

     

    『持って生まれた性格は、たとえ不便でも、かけがえのないその人のアイデンティティなんだから、内向性なら自分は内向性なんだと、平気でいればいい。』

     

    『友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹を決めて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。』

     

    『自分をぶっ壊してやろうというつもりで、そのくらいの激しさで挑まなければ、いままでの自分を破壊して、新しい自分になることはできない。』

     

    『生涯を通じて、瞬間瞬間の危険に賭けるのが真の人間の在り方だと思う。』

     

    『我が人生、他と比較して自分を決めるなどというような卑しいことはやらない。ただ自分の信じていること、正しいと思うことに、脇目もふらず突き進むだけだ。』

     

    『僕だってしょっちゅう行き詰っている。行き詰った方が面白い。それを突破してやろうと挑むんだ。もし、行き詰らないでいたら、ちっとも面白くない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP