名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

吉田松陰『人の心というものは、苦しめば奮い立ち、思うようになれば、怠けてだらけてしまうものである。』

吉田松陰


日本思想家 吉田松陰画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


この言葉を聞いたとき、恩師の助言を思い出した。

『お前は、状況が困難であればあるほど、力を発揮する。

 

なるほど。私は、吉田松陰がこの言葉で言うところの、典型だったのである。

 

能力の顕在化を最大化させるためには、自分自身を窮地に追い込み、退路を無くし、『窮鼠が猫を噛む』ときの、『火事場の馬鹿力』を捻出する必要がある

 

吉田松陰のこの言葉は、私に極めて大きな感慨を与えていて、さっき書いた私の話もそうだが、私の部下との6年半にも渡った指導という格闘の中で、これは、問題解決の大きな糸口となる重要なカギとなるのだ。

 

ただし、私は最初からこのことは知っていた。しかし、どう表せばいいかを知らなかった。その表現方法を、吉田松陰が教えてくれたのだ。これがわかって、これを部下に話したところで、部下は間違いなく、怠けることをやめようとしない。植えついているのだ。深層という深層に。

 

そこには『事故で兄を亡くした』というトラウマ(精神的外傷)が影響していて、容易ではないのだ。だが、だからといって自己防衛本能という詭弁を、20歳を超えても言っている様では、男の風上にも置けない。

 

自分を守る気持ちはよくわかる。わかるが、フランスの哲学者、サルトルが言うように、

『我々はつねに自分自身に問わなければならない。もしみんながそうしたら、どんなことになるだろうと。』

 

ということで、我々人間には、責任があるのだ。

 

もう、子供ではない。大人に成り、そして子孫に命を繋ぎ、いずれこの世を去るのだ。このことから目を逸らして生きていくことは出来ないのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

吉田松陰『人の心というものは、苦しめば奮い立ち、思うようになれば、怠けてだらけてしまうものである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

吉田松陰関連の書籍

 

同じ人物の名言


『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』

 

『多くの努力を注ぎ込んだことは、すぐにその功績を手中にすることはないかもしれない。しかし、全精力を集中して学んだものは生涯忘れないであろう。』

 

『宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。』

 

『憂えたり、楽しんだり、気分の変化の原因は自分にあるのであって、物にあるのではない。』

 

『聖人・賢人の言行や教えを記した書を読む際に一番大切なことは、その内容に媚びへつらわないことである。』

 

『自分一身に降りかかる労苦を何とも思わないような人でなければ、どうして天下国家の人々を幸せにすることができようか。』

 

『人にはそれぞれ生まれつきの性質がある。だから、昔の心ある人に学び、自分に近いよい性質を自分のものとするべきである。』

 

『立派な人が大事にするのは、議論ではなく行動である。多言を費やすことなく、人としての誠をしっかり蓄えなさい。』

 

『世間が褒めたりけなしたりすることは大抵、その実態と違うものである。』

 

『身体が死滅しても、その精神が死んでいないものは、昔の聖人や賢者らであり、これらは永遠に朽ちることのない人である。』

 

『勉強しない人の気持ちには3つある。』

 

『読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか。』

 

『志をもっている人間は、何かを目にしたら、必ず心中に感じるものがある。』

 

『仁人は天下に敵なし。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP