名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

マイケル・ジョーダン『第二のマイケル・ジョーダンは現れないだろう。そして私も他の選手にマイケル・ジョーダンになれとは言わない。』

マイケル・ジョーダン


アメリカプロバスケットボール選手 マイケル・ジョーダン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


ココ・シャネルは言った。

『公爵夫人はほかにもいたけれど、ココ・シャネルはただひとり。』

 

我々は、他の追随をする必要はないのだ。

 

エマーソンは、自身のエッセイ『独立独歩』でこう言っている。

『だれでも教育を受けている過程で嫉妬は無知であり、模倣は自殺行為にほかならないという確信に達する時期がある。』

 

嫉妬したり、模倣したり、同調したり、追従したり、それは一体何のためにやっているのか。そのことについて一度じっくりと考えなければならない。

 

ブッダは言っている。

ブッダ

 

『天上天下唯我独尊』だと。

 

それは、この世に自分という存在は、たった一人しかいない、唯一無二の人生を、悔いなく生きるべし、という意味なのである。

 

マイケル・ジョーダンはこうも言った。

『バスケットボールが大好きな奴がいた。それだけで十分だ。』

 

 

ジョーダンは、たまたまバスケが好きだっただけなのだ。他の人間には、他の人間のやるべきことがある。その一点に集中して、人生を生き貫きたい。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

マイケル・ジョーダン『第二のマイケル・ジョーダンは現れないだろう。そして私も他の選手にマイケル・ジョーダンになれとは言わない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

マイケル・ジョーダン関連の書籍

 

同じ人物の名言


『9000本以上のシュートを外した。約300試合に負けた。試合を決めるウィニングショットを任され、26回外した』

 

『バスケットボールが大好きな奴がいた。それだけで十分だ。』

 

『目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない。』

 

『何かを達成しようとする場合、受身の姿勢では絶対に達成することはできないと確信している。』

 

『10本連続でシュートを外しても僕はためらわない。次の1本が成功すれば、それは100本連続で成功する最初の1本目かもしれないだろう。』

 

『僕は言葉で引っ張ったことは一度もなかった。 言葉で引っ張ろうと考えたことさえなかった。なぜなら、言葉が行動に勝ることはないと思っているからだ。』

 

『僕は、チームのために犠牲を払うのは嫌だ、という5人のスーパースターとチームを組むよりも、個々の能力はそれほどでもないが、ひとつのチームとして結束できる5人の選手とプレイをしたいと思っている。』

 

『才能で試合に勝つことはできる、だがチームワークと知性は優勝に導くんだ。』

 

『ボールが手から離れたあとは、何もできないのだから。ボールを手から放したあとは、何も考える必要はない。』

 

『本当に悪い状況に置かれているかは、その時点で判断できないこともあるんだ。』

 

『ステップ・バイ・ステップ。どんなことでも、何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。これ以外に方法はない。』

 

『障害を前にして立ち止まることはない。壁にぶち当たっても、振り向いて諦めてはいけない。どうやってそれを乗り越えるか、突き進むか、回り込めるかを考え出すんだ。』

 

『一度でもあきらめてしまうと、それが癖になる。絶対にあきらめるな!』

 

『成功したいと思うなら自己中心的でなければいけない。だがもし最高のレベルに達したなら、自己中心的であってはいけない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP