名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

プラトン『少年を暴力と厳しさによって教え込もうとするな。彼の興味を利用して指導せよ。そうすれば自分の能力がどこに向いているか、少年自身で見出しやすくなる。』

プラトン


古代ギリシャ哲学者 プラトン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師であったプラトンは、無実の罪で刑死したソクラテスの、その裁判の全貌を書いた『ソクラテスの弁明』を書いたことで有名である。

 

ソクラテスの命を決める裁判の場に、プラトンは居たのだ。プラトンがいなければソクラテスという歴史的人物が闇に葬られていたかもしれない。そう考えると、プラトンのしたことはあまりにも偉大である。

 

また、その豊かな知性は世に大きな影響を与え、例えば1世紀のユダヤ人思想家アレクサンドリアのフィロンはユダヤ教とプラトンとを結びつけ、プラトンは『ギリシアのモーセである』とさえ言ったという。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    プラトンの言葉を自分のものにする



    さて、ここでいう『教育』についてだが、これは短絡的に考えてしまうと、個性を伸ばすから『個性主義』の発想だと想像してしまう。

    例えばマイケル・ジョーダンの父親が『卓球の達人』だった場合、おそらくマイケルにも同じように、『卓球の達人』になってもらいたいと思ったかもしれない。

    だが、マイケルの才能は明らかにバスケットボールで花開いた。そう考えたら、『暴力と厳しさ』というのは=『傲慢』であり、言うなれば『個性破壊主義』。

    対象がバスケットボールに向いてようが、プログラマーに向いてようが関係ない。そういう発想から、『卓球以外に目を向けるな。それをするなら『矯正』をするぞ。』という言い回をし、『強制的な矯正』に至るのだ。

    だが実は、この父親こそが『個性主義』の考え方なのだ。『7つの習慣』にはこうある。

    ───▼

    鎮痛剤やバンドエイドのように上辺の症状に対応し、その問題を解決しているかのように見えるが、それは一時的なものにすぎず、その問題のもとにある慢性的な原因には全く触れていない。そのため、その問題が何度も再発することになるのだ。こうしたアプローチを『個性主義』と呼ぶことにした。

    その一方、(中略)『人格主義』では、『成功』といわれるような人生には、その裏付けとなる原理原則があり、その原則を体得し、人格に取り入れる以外に、人がその真の成功を達成し、永続的な幸福を手に入れる方法はないと教えている。

    ───▲

     

    個性を大事にしてやりたい考えは、実は個性主義ではなく『人格主義』である。無理やり自分の思い描く教育を強要することこそ、『個性主義』なのだ。まずはその違いを知るだけでも十分だ。教育者も悪気があったわけではない。ただ、誤解していただけなのだ。

     

    彼の人格(心底の声)に目を配り、耳を研ぎ澄ませ、導いてあげるのがよい。それが、教育者に求められる姿である。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

     

     

    黄金律

    『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

     

     

    黄金律

    『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

     

    黄金律

    『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

     

     

     

    プラトン『少年を暴力と厳しさによって教え込もうとするな。彼の興味を利用して指導せよ。そうすれば自分の能力がどこに向いているか、少年自身で見出しやすくなる。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    プラトン関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『哲学というものは、たしかに結構なものだよ。ひとが若い年頃に、ほどよくそれに触れておくぶんにはね。しかし、必要以上にそれにかかずらっていると、人間を破滅させてしまうことになるのだ。』

     

    『いかに知識を身につけたとしても全知全能になることなどはできないが、勉強しない人々とは天地ほどの開きができる。』

     

    『我々は、自らが熟考しているものになる。』

     

    『恋されて恋するのは恋愛ではなく友愛である。』

     

    『魂には眼がある。それによってのみ真理を見ることができる。』

     

    『無理に強いられた学習というものは、何ひとつ魂のなかに残りはしない。』

     

    『正義とは、己にふさわしきものを所有し、己にふさわしきように行為することなり。』

     

    『徳は一種の健康であり、美であり、魂のよいあり方なり。それに反し、悪徳は病気であり、醜であり、弱さなり。』

     

    『思慮を持ち正義をかざしてその生涯を送らなければ、何者も決して幸福にはなれないだろう。』

     

    『何年も経ち、時が流れ、君の意見の多くがその逆になることもあるのだよ。』

     

    『子供と動物はずいぶんよく似ています。どちらも自然に近いのです。でも子供が狡猾な猿よりも良く理解する事が一つあります。それは偉人の立派な行為のことです。』

     

    『ただ死者のみが戦争の終わりを見たのである。』

     

    『時は、未来永劫の幻影なり。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP