名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

スティーブ・ジョブズ『絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。』

スティーブ・ジョブズ


アメリカ実業家 スティーブ・ジョブズ

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


ハリネズミの概念とは、キツネとハリネズミが対決しようということになったとき、才能豊かなキツネは、その才能にかまけて色々とやってみせる。しかしハリネズミは、針を出すことしか芸がない。

 

きつね

 

だが、『器用貧乏』なキツネはことごとく中途半端な結果しか出せず失敗し、結果的に勝負に勝ったのは、一芸に秀でたハリネズミだった。

 

ハリネズミ

 

この話から得られる教訓の事である。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    スティーブ・ジョブズの言葉を自分のものにする



    つまり、 絶対に真似のできない、真似しようとすら思わない武器を磨きに磨いて、研鑽したことで勝利を挙げたのだ。

     

    例えば、養豚場の経営のノウハウが無かった時代、『無いなら作ってしまえ』と言って、電話帳の二倍ほどのサイズのノウハウ本を自分で作ってしまった、その業界の神と言われる人や、

     

    とある料理学校の創業者は、『そもそもなぜ料理をするのか』といった根幹から発想を練り直し、例えば鶏だったら、どの部位を、どう調理することが最も適正であるか等、図解版のような、これまた分厚い本を自作し、物事を突き詰めた人間がいるが、まあ、それを見ても、まず他の人はそれを真似しようとは思わない。

     

     

    (真似できない)と判断してしまうのだ。(常軌を逸している)と捉えてしまう。

     

    ここだ。

     

    ここにカギがある。

     

     

    ナンバー1の法則、梯子の法則』であり、

    カテゴリーの法則』であり、

    一番手の法則』である。

     

    カテゴリーで、圧倒的なトップを取ることで得られる恩恵はずば抜けている

     

    独占の法則』であり、

    集中の法則』であり、

    知覚の法則』であり、

    信用力の法則』である。

     

     

    私も最近になってようやくこの人生でそれを見つけつつあるが、まだ発展途上だ。突き詰め途中である。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    スティーブ・ジョブズ『絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    スティーブ・ジョブズ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『残りの人生、このまま砂糖水を売ることに費やしたいのか、それとも世界を変えるチャンスをものにしたいか?』

     

    『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

     

    『大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。』

     

    『これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。』

     

    『抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。』

     

    『死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。』

     

    『仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。』

     

    『私が知ってるなかで、一年で2.5億ドルも失った人なんて自分しかいない。でもそれは非常に人格形成に役立ったよ。』

     

    『私は持っているテクノロジーをすべて引き替えにしても、ソクラテスとの午後のひとときを選ぶね。』

     

    『30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない。』

     

    『イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。』

     

    『我々は自らのビジョンに賭けているんだ。そうする方が横並びの製品をつくるよりいいと思っている。そういうものは他社に任せるよ。』

     

    『ハングリーであれ、愚かであれ。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP