名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

スティーブ・ジョブズ『私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。』

スティーブ・ジョブズ


アメリカ実業家 スティーブ・ジョブズ

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


スティーブ・ジョブズの映画を観れば、彼がどのように青年時代を過ごし、なぜ『禅』を学び、なぜ『アップル』と命名し、 誰と最初起業し、どこに会社を構え、最初に売った製品は何で、それを売った時にした交渉はどういうもので、それからどこと契約し…

 

などということが一目瞭然となっている。それらがわかれば、彼のこの言葉がどんな気持ちで言ったのかどうか、手に取るようにわかるだろう。

 

ジョブズは、『マルチな知識で組織をまとめる経営者』、というより、『カリスマ的に我が道を切り開く開発者』だった。

 

 

そのせいあってか、ジョブズは一度アップルを追い出されている。会社が大きくなりすぎて、ジョブズの手に負えないだろうと、判断されたのだ。自分が作った会社で、自分が取り入れた役員たちに、会社を追い出された。

 

極めて屈辱的だっただろう。だが、それから数年後、ジョブズは彼らに再び頼りにされた。呼び戻されたのだ。

 

ここまでのストーリーを踏まえたうえで、もう一度彼のこの言葉を聞いてみる。すると、やはり、企業というのは一つの手段でしかなく、信念というものは、人間の命を最も躍動させる為に必要な、『原動力』なのだと、悟るだろう。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズ『私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

スティーブ・ジョブズ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『残りの人生、このまま砂糖水を売ることに費やしたいのか、それとも世界を変えるチャンスをものにしたいか?』

 

『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

 

『大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。』

 

『これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。』

 

『抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。』

 

『死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。』

 

『仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。』

 

『私が知ってるなかで、一年で2.5億ドルも失った人なんて自分しかいない。でもそれは非常に人格形成に役立ったよ。』

 

『私は持っているテクノロジーをすべて引き替えにしても、ソクラテスとの午後のひとときを選ぶね。』

 

『30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない。』

 

『イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。』

 

『我々は自らのビジョンに賭けているんだ。そうする方が横並びの製品をつくるよりいいと思っている。そういうものは他社に任せるよ。』

 

『いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP