名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

スティーブ・ジョブズ『30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない。』

スティーブ・ジョブズ


アメリカ実業家 スティーブ・ジョブズ

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『若気の至り』然り、往々にして、うら若き葉が生い茂ったばかりの、血気盛んな頃は猪突猛進であり、刹那的である。

 

何しろ、老人になるつもりがないのだ。自分は、そうはならないと思っている。だが、周りの人は老人だらけだ。だとすると、周りの人と同じ行動を取ってしまうと、それは間違いなく彼らと同じ経路を辿ることになる。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    スティーブ・ジョブズの言葉を自分のものにする



    そのつもりはない。もっとこう、いつまでも瑞々しく、潤沢な踊る心とセンス、そして、お金と経験で満たされているような、そういう華やかな人生を送りたいと思っているのだ。

     

    何しろ、どうせ死ぬのだ。だとしたら、別にそもそも、周囲の人と足並みをそろえて生きていく必要はない。そんな常識に囚われない非常識なエネルギーが、新進気鋭の革新的なアイディアを生み出す。

     

    イノベーションだ。

     

     

    だが、やはりどこかそれは、ある種の『勘違い』から来ていた部分もあって、その『ズレ』が人間的成長によって補正されていき、徐々に『枠の中』に納まるようになってくる。突出していた悪い部分がその枠内に入るから、デメリットが削れて、良い影響を与える。

    だが、悪い影響もある。それが、イノベーションを恐れる、言うなれば『大企業病』である。『大人間病』というべきか、『大人間』は大げさだから、普通に『大人病』というべきか。『成人病』とはまた違う訳で、この『大人病』の疾病者は、書いたように『枠内』を意識し過ぎて、可能性が委縮するという症状を出す。

     

    こんなことを考えた後、ジョブズのこの言葉に着目したい。

    『ハングリーであれ、愚かであれ。』

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

    人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


    >>続きを見る

     

    36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

    『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


    >>続きを見る

     

    37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

    金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


    >>続きを見る

     

    38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

    一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    スティーブ・ジョブズ『30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    スティーブ・ジョブズ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『残りの人生、このまま砂糖水を売ることに費やしたいのか、それとも世界を変えるチャンスをものにしたいか?』

     

    『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

     

    『大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。』

     

    『これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。』

     

    『イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。』

     

    『我々は自らのビジョンに賭けているんだ。そうする方が横並びの製品をつくるよりいいと思っている。そういうものは他社に任せるよ。』

     

    『いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。』

     

    『私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。』

     

    『あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。』

     

    『すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。』

     

    『偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。』

     

    『絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。』

     

    『ハングリーであれ、愚かであれ。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP