名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

スティーブ・ジョブズ『抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。』

スティーブ・ジョブズ


アメリカ実業家 スティーブ・ジョブズ

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


 

なんとなく浮かぶ『そうであろう』形や、『どう考えてもこれが理に適っている』とうい形。そういう発想やアイディアは、やはりどこか『他の影響』を受けている様な感覚がある。

 

それが何かはわからない。人の意見、元々あった概念、テレビ、雑誌、参考書、マニュアル、何でもいいが、とにかくそれは『他の要因』の可能性があるのだ。

 

そしてその『他の要因』とは、往々にして常識的で、法律(ルール)の内側にあり、つまりとても退屈だ。見慣れている。日常的なのだ。合っているかどうかもわからないのである。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    スティーブ・ジョブズの言葉を自分のものにする



    ヒューリスティクスとは、『大体の感じで判断して決定を下してしまう』ということ。例えば、

    『繁盛しているあの店は、きっとうまい料理を出す。』

     

    だとか。そういう感覚的な判断であり、この判断は、『要素の総合評価』、つまり、『今までのデータで、大体それで合っていた。』等といった様々な『要素』を、総合して、結論を出す判断である為、往々にして間違っていないことが多い。

     

     

    が、

     

    間違っていることもある。

     

    『根拠』がないからだ。

     

    例えば、今挙げた『繁盛している店』についてだが、実は『バンドワゴン効果』というものがあり、ここで言うなら、繁盛している店に対して、

     

    (きっと美味い)

     

    と判断してしまうという人間心理なのである。

     

    だとしたら『さくら』だ。彼らを行列に並ばせて、このバンドワゴン効果を煽り、そして売り上げを上げればいい。そう考える人間は、いくらでもいる。

     

    だとしたらヒューリスティクスで決断した『繁盛しているあの店は、きっとうまい料理を出す。』という判断は、『他の影響』、しかも『悪い影響』を受けて、判断を誤っている。

     

    だから『他の影響』は、あまり信用できない。それよりも自分の内から湧き出たような直感やアイディア。これだったら『他の悪影響』を極めて除外することが出来る。

     

    他の影響を受けなければそのアイディアは、当然『浮世離れ』することになり、それは『洗練』されている。卓越していて、神々しいものになる。

     

    非常識(常識外れ)だ。想像を絶する。結果、差別化になり、競争優位性を得る。

     

    こんな考え方を一つ持ちたい。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    スティーブ・ジョブズ『抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    スティーブ・ジョブズ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『残りの人生、このまま砂糖水を売ることに費やしたいのか、それとも世界を変えるチャンスをものにしたいか?』

     

    『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

     

    『大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。』

     

    『これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。』

     

    『イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。』

     

    『我々は自らのビジョンに賭けているんだ。そうする方が横並びの製品をつくるよりいいと思っている。そういうものは他社に任せるよ。』

     

    『いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。』

     

    『私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。』

     

    『あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。』

     

    『すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。』

     

    『偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。』

     

    『絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。』

     

    『ハングリーであれ、愚かであれ。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP