名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

マザー・テレサ『ガンジーは、キリストのことを知った時、興味を抱きました。しかし、キリスト信者たちに会って、がっかりしたそうです。』

マザー・テレサ


マケドニア修道女 マザー・テレサ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私も全くの同意見だ。もちろん、部分的にだ。

 

ガンジーが否定しなかったカースト制度には、私は首をかしげる。ただ、私がガンジーと同じ環境で生まれていたのなら、首はかしげなかっただろう。ガンジーと同じタイミングで首をかしげた。当たり前だ。『同じ環境』とはそういうことである。それに、ろくに調べていないのだから、意見はこれまでにした方が良いだろう。

 

さて、だがガンジーは、

『私にはクリスマスのお祭り騒ぎが以前からどうしても受け入れられない。それはイエスの生涯や教えに全くそぐわないように思える。』

 

と言っていて、本当に私の意見と同じだ。それは記事に書いたとおりである。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    マザー・テレサの言葉を自分のものにする



    私はクリスチャンになることを強要され続け、宗教が大嫌いになったし、それを強要する親の死を願った。短絡的に考えても、それで解放されるからだ。

     

    だがその後、父が死に、実に波乱万丈な時間が過ぎ、私は、

     

    孔子

    孔子

    ソクラテス

    ソクラテス

    ブッダ

    ブッダ

    キリスト

    キリスト

     

    彼らの言葉に直接向き合うことを決意し、それを遂行した。するとどうだろう。彼らの言葉は傾聴に値するではないか。

     

    かつての私をもう一度思い出してもらいたい。そんな私が、こんなリンクしたようなページを作るまでになったのだ。当時の私からすれば、夢にも思わない光景なのである。つまり、私が『違和感』を覚えていたのは信仰そのものではなく、人間だったである

     

    フランス小説家プレヴォは言った。

    『宗教は大きな河に似ている。源泉から遠ざかるにつれて、絶え間なく汚染している。』

     

    私が傾聴に値すると思ったのは、『偉人が説いた真理』であり、『教えを歪曲させた凡人』ではない。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

     

    黄金律

    『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

    マザー・テレサ『ガンジーは、キリストのことを知った時、興味を抱きました。しかし、キリスト信者たちに会って、がっかりしたそうです。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    マザー・テレサ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

     

    『ほうきを手に持って、誰かの家を綺麗にしてあげてごらんなさい。その方がずっと雄弁なのですから。』

     

    『私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。』

     

    『やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。』

     

    『油を足し続けなければ、ランプは灯しておけない。』

     

    『いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。』

     

    『インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、幸せになれるのです。一方、ヨーロッパの貧しい人々は、自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。』

     

    『それは確かにわずかでした。でも、彼の持ち物すべてだったのです。それは、私にとってノーベル賞以上の感動を与えてくれました。』

     

    『仕事を祈りであるかのように続ければよいのです。』

     

    『彼らが必要としているのは、あなた方の愛と親切なのです。』

     

    『自分のことへの思いわずらいでいっぱいだと、他人のことを考える暇がなくなってしまいます。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP