名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ゲーテ『支配したり服従したりしないで、それでいて何者かであり得る人だけが、本当に幸福であり、偉大なのだ。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


エマーソンは言った。

『世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である。』

 

意志を捨てて追従するのでもない。暴君と化して牛耳るのでもない。そういう一切の『外部要因に支配された人間』で在る、それは『楽』な選択肢だ。

 

アリストテレスは言った。

『実際に奴隷である人、あるいは自由民である人のすべてが、生まれながらに奴隷または自由民であるとは限らない。』

 

人に服従することは、奴隷を志願する行為と等しい。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    ゲーテの言葉を自分のものにする



    ニーチェは言った。

    『君は奴隷か?それなら君は友とはなれない。君は暴君か?それなら君は、友を持てない。』

     

    奴隷を志願して、暴君に成り下がって、そこに在るのは、人間の姿なのだろうか。

    リヴァイアサンとは、旧約聖書に出て来る海の怪物だ。

     


    イギリスの哲学者、トマス・ホッブズはこの怪物を、『リヴァイアサン=本性』という図式に当てはめて本を書いた。人間は元々、生存競争をして争いを繰り広げるのが、『自然状態』だという。

     

    しかし、あまりにも禍々しい人間の本性(リヴァイアサン)、その自然状態が見るのが嫌で、抗い、争うことの権利を政府に譲り渡し、その代わりに本人たちは安穏な日々を追い求めた。

     

    国益を守るためには、攻防を繰り広げなければならない。しかし自分たちはノータッチだ。気づいたら政府が当たり前のように国を運営していた世代は、そんなことをすっかり忘れてしまった人間の姿に等しい。

     

    脳科学者の茂木健一郎氏は、著書『挑戦する脳』で、この『リヴァイアサン』を引き出して解放させた人間が、大きな結果を出していることに着目している。

     

     

    奴隷でもない。暴君でもない。そのどちらの方向にも逸れず、リヴァイアサンをむき出しにする。それは、『意志の叫び』だ。『魂の遠吠え』だ。

     

    投げ出さず、乗っ取られず、支配するのだ。それは当然『人間』ではなく、『リヴァイアサン』を。

     

     

    リヴァイアサンに支配された(暴君と化した)人でも、それを譲り渡した(奴隷と化した)人でも、ない。『人間ではなく、リヴァイアサンを支配した人間』だけが、この世で意志を持って生きていると言えるのだ。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    ゲーテ『支配したり服従したりしないで、それでいて何者かであり得る人だけが、本当に幸福であり、偉大なのだ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    ゲーテ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『我々は、無常なものを無常でなくすためにこそ存在しているのだ。』

     

    『真の弟子は、知られたものから知られざるものを発展させることを学び、かくして師に近づく。』

     

    『常に時間はたっぷりある。うまく使いさえすれば。』

     

    『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。』

     

    『芸術家は内面から制作に向かわなければならない。』

     

    『愛する人の欠点を美点と思わない人間は、その人を愛しているのではない。』

     

    『人はほとんど知らない時にのみ知っている。知識とともに疑いが強まるのだから。何でも知らないことが必要で、知っていることは役に立たない。』

     

    『才能は静けさの中でつくられ、性格は世の荒波の中でつくられる。』

     

    『天才も不滅ではないということほど、凡人にとって慰めになることはない。』

     

    『身分不相応の生活をする者は、ぼろが出る。』

     

    『人生は、愚者には困難に見えるとき賢者には容易に見え、愚者に容易に見えるとき賢者には困難に見える。』

     

    『真理はたいまつだ。しかも、巨大なたいまつだ。だから私たちは、みんな目を細めてそのそばを通り過ぎようとする。火傷することを恐れさえして。』

     

    『我々の犯す一つの大きな間違いは、原因を結果の間近にあると考えることにある。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP