名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

シモーヌ・ヴェイユ『純粋に愛することは、へだたりへの同意である。』


フランス哲学者 シモーヌ・ヴァイユ画像


『へだたり』というのは、相違である。相違があるということを例えば、『あいつとの隔たりがあって、ちょっと無理なんだ』等と言って、人間関係の溝や距離感を示すことがある。

 

では、話を変える。

 

『恋』は奪うもの、『愛』は与えるものである。

 

ということは、『愛』とは、『恋』よりも『妥協』している。あるいは『容認』していて、『寛容』している。

 

男女など、最初から『凸凹』の図の通りだ。同じ種類でも、形が違うのである。それらを理解して、認めること。それが愛である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

シモーヌ・ヴェイユ『純粋に愛することは、へだたりへの同意である。』




↑ PAGE TOP