名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

パスカル『人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。』

パスカル


フランス哲学者 パスカル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


この間、人間にとって極めて重要な人物を描いた映画を観た。何の信仰も持たない私は、神格化されているところは、極めてニュートラルに見て、 後はそのまま受けれいた。あれを見れば、 『ではどうすればよかったのか?』 ということを全ての人間が問われるだろう。まず、人間に格差がついていて、


引用:http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=813

奴隷同然のような人間が、今日を生きるために物を盗み、人を暴行する。

 

盗んだ方も盗まれた方もまだ子供だ。 盗んだ方にも事情があって、 盗まれた方にも事情がある。盗まれた方は、

『奴隷のお前が、今日盗まれたあの品物は、お前らの何倍もの値段がつく、高価な代物だ。もしそれを取り返せなかったらお前の母親を売りとばす。もう二度と会えないと思え。』

 

と言われ、死に物狂いで探して何とか見つけるも、逆に袋叩きに合う。

 

なんという理不尽な世の中だろうか。だがこれは、極めて蓋然性の高い事実だ。そして今も尚、こういう格差、負の連鎖は続いている。これが現ヒンズー教(当時バラモン教)の、『カースト制度』である。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    パスカルの言葉を自分のものにする



    あのガンジーも、カースト制度を廃止する運動は起こさなかったという。 なぜなら彼は、敬虔なヒンズー教徒だったからだ。彼らの考え方の根底には、『現生で苦労した分だけ、来世で報われる』というものがあるのである。

     

    主人公が、全世界に知られる名前になる前、少年は、ある国の王子だった。彼は疑問に思った。 自分たちはピラミッドの上から二番目『クシャトリヤ(王族)』である。その下には、平民、奴隷、奴隷とも言えない人がいて、上には『バラモン』という司祭がいる。 なぜ、人間に格差がついているのか。なぜ、人間は動物を殺すのか。

     

    少なくとも、『この映画が描いたその男』は、それを『元々そうだから』とか、『生きる為だから』とか、そういう理由では納得しない。自分が生きるために、他の生命を殺していいのであれば、この世に最後に残るのは、どういう生命なのだろうか。戦争、差別、貧困、病気、どうしてこの世には、目を覆いたいような苦しい世界が広がっているのだろう。

     

    ある日王子の好きだった女性が、身分が自分よりも格下(奴隷)だったことを王族に突きとめられ、王族に捕らえられた。 激昂し、ついには一国の王でもある父親に、剣を抜いた王子に、王は言った。

    『お前が相手にするような女ではない。もしお前があの女と別れ、王女と結婚するのであれば、女は解放してやろう。』

     

    身分の違いというだけで、なぜこんなにも理不尽な目に遭わなければならないのか。 王子は、決死の思いでそれをなんとか、承諾した。

     

    そのときだ。

     

    外から聞こえる女の悲鳴は、彼女の声だ。なんと承諾した刹那、その女の目は潰されてしまったのだ。

     

    『もう二度と身分不相応に、王子のことを見れないようにしておきましたよ。』

    と言う兵隊。 慟哭する王子に女は、

     

    『あんたが苦しむことは無いよ!あんたは立派な王になるんだ!』

     

    と言い捨て、潰れた目を抑えながら、その場を去っていった。その後、彼女の目を潰した兵隊は、その野心ゆえ、王の座を狙って戦争に出たが、あっけなく命を落とした。

     

    ここまでで、その王子がどれだけの葛藤をして人生を生きてきたかがよくわかるだろう。王子は、何とかしてこの世の理不尽を無くせないものかと考えるが、世の中はそんなに甘いものではない。

     

    目の前にいる病と貧困に倒れる人間に情けをかけても、また次の人、また次の問題と、負の問題は、永久に山積みになってそれを解決することは出来ない。世の中は本当に、ただただ理不尽な世界なのだろうか。自分はいったい、世の中に対して何が出来るのだろうか。何のためにこの世に生まれ、そして死んでいくのだろうか。

     

    王子は答えを探し求め、旅に出た。

     

    そして長い長い旅の末、彼に一つの名前がついた。

     

    彼の名は『ブッダ』。

     

     

    私が観た映画は、手塚治虫の『ブッダ』である。

     


    今回のパスカルの言葉はあまりにも深い。

     

    『人生を生きながらえたいから』考えることを放棄した人間。『人間として生きるために避けて通れなかったから』この世の真理と真正面から向き合ったブッダ。

     

    さて、この世の人間の在り方とは?どちらが本当の在り方なのだろうか。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

    孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    パスカル『人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    パスカル関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『人間にとって、苦悩に負けることは恥ではない。快楽に負けることこそ恥である。』

     

    『判断の道徳とは、基準を持たない精神の道徳を軽蔑する。というのは、精神に科学が属しているように、判断には感情が属しているからである。』

     

    『国王の権利は、民衆の理性と愚昧のうえに基盤を持っている。でも、どちらかといえば、後者においてである。』

     

    『多くの宗教家が互いに相反しているのをみる。だから、ひとつを除いて、他はみな虚偽である。どの宗教も、それ自身の権威に基づいて信じられることを欲し、不信仰者をおびやかす。』

     

    『心情は理性の知らないところの、それ自身の道理を持っている。』

     

    『思考が人間の偉大さをなす。』

     

    『時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである。』

     

    『真理が支配しているときに平和を乱すことがひとつの犯罪であると同様に、真理が破壊されようとしているときに平和にとどまることも、やはり、ひとつの犯罪ではないか?』

     

    『知恵は知識にまさる。』

     

    『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』

     

    『神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。』

     

    『自然はそのすべての真理を、それぞれそれ自身のうちにおいた。我々の技巧は、それらの一方を他方のうちに閉じこめようとする。だが、それは自然的ではない。』

     

    『誤った法律を改正する法律くらい誤ったものはない。法律は正義であるがゆえに従うといって服従している者は、自分の想像する正義に服従しているのであって、法律の本質に服従しているのではない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP