名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

岡本太郎『僕は流れるって感じが好きなんだ。固定したものは全然つまらない。人生だってそうだろう?いつも流動的で、何が起こるかわからない。だから面白いんだ。』

岡本太郎


日本芸術家 岡本太郎画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


何を隠そう、仏教の開祖、ブッダが、

『諸行無常(しょぎょうむじょう)。それすなわち、全ては流動変化していることを知る悟り。』(超訳)

 

こう言っていて、『全ては固定されず、流動している』ことを説いているのだ。これは『真理』なのである。

 

その真理に焦点を合わせた岡本太郎は、さすが目が肥えている。普通なら、目の前の景色に目を向け、聴こえてくる噂話、情報に耳を傾ける。しかしそれは真理ではなく、『流動しているもの』。

 

つまり、ということは『流動が好きだ』と言う人は一見すると、『流行や情勢に流されている意志のない人間』に見えるかもしれないが、ここに『人生は流動しているのだ』と付け加えていることで、彼の見ている視線の先には『真理がある』ということが見て取れるのである。

 

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。

『私たち一人一人が航海しているこの人生の広漠とした大洋の中で、理性は羅針盤、情熱は疾風。』

 

そうだ。

 

この海は、流れている。問題は、この航海をどういうものにするかだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

岡本太郎『僕は流れるって感じが好きなんだ。固定したものは全然つまらない。人生だってそうだろう?いつも流動的で、何が起こるかわからない。だから面白いんだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

岡本太郎関連の書籍

 

同じ人物の名言


『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』

 

『他人に対して自分がどうであるか、つまり、他人は自分のことをどう見ているかなんてことを気にしていたら、絶対的な自分というものはなくなってしまう。』

 

『ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。僕は幸福という言葉は大嫌いだ。』

 

『芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。』

 

『持って生まれた性格は、たとえ不便でも、かけがえのないその人のアイデンティティなんだから、内向性なら自分は内向性なんだと、平気でいればいい。』

 

『友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹を決めて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。』

 

『自分をぶっ壊してやろうというつもりで、そのくらいの激しさで挑まなければ、いままでの自分を破壊して、新しい自分になることはできない。』

 

『生涯を通じて、瞬間瞬間の危険に賭けるのが真の人間の在り方だと思う。』

 

『我が人生、他と比較して自分を決めるなどというような卑しいことはやらない。ただ自分の信じていること、正しいと思うことに、脇目もふらず突き進むだけだ。』

 

『僕だってしょっちゅう行き詰っている。行き詰った方が面白い。それを突破してやろうと挑むんだ。もし、行き詰らないでいたら、ちっとも面白くない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP