名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >  >

 

アインシュタイン『第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからないが、第四次世界大戦で何が使われるかはお教えできる。石だ!』

アインシュタイン


ドイツ理論物理学者 アインシュタイン

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


つまりこういうことだ。

 

第二次世界大戦で、我々人類は知ってしまった。経験を積み、データを蓄積してしまった。それから万が一のために防衛技術を研鑽し続け、現時点でも70年の月日が経った。その間に磨き抜かれた戦略や、武器や、科学は、凄まじい成長を遂げている。

 

 

もし、これから更に年月が経ち、技術を磨き上げた人類が、何らかの触発により戦争を巻き起こし、それが第三次世界大戦にまで発展することになれば、広島、長崎どころじゃ済まない。地球に残るのはもはや、石だけだ。

 

人類はもう、そこまでたどり着いてしまったのだ。もう次は、ないのだ。

 

過去を忘れてはならない。

 

理性を失ってはならない。

 

あれ以降の人間に追及されるのは、『本来の人間の在るべく姿』なのである

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

アインシュタイン『第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからないが、第四次世界大戦で何が使われるかはお教えできる。石だ!』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

アインシュタイン関連の書籍

 

同じ人物の名言


『一見して人生には何の意味もない。しかし一つの意味もないということはあり得ない。』

 

『人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと。普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらお目にかかりたいものだ 。』

 

『信念は、推進力としては役に立つが、調整器としては役に立たない。』

 

『理詰めで物事を考えることによって、新しい発見をしたことは、私には一度もない。』

 

『合理的に考えたからといって、社会生活に生じる問題をすべて解決できるわけではありません。』

 

『精神を大切にするというのなら、それとつながっている身体も大切にしなければなりません。』

 

『あなたがたの人間性を心にとどめ、そして他のことを忘れよ。』

 

『我々が進もうとしている道が正しいかどうかを、神は前もっては教えてくれない。』

 

『散らかった中から、簡素さを見つけよ。』

 

『人間性について絶望してはいけません。なぜなら、わたしたちは人間なのですから。』

 

『たとえ国家が要求しようとも、良心に反することはしてはならない。』

 

『昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP