名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

福沢諭吉『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

福沢諭吉


日本武士 福沢諭吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


この顔が好きな人は、別の意味で大勢いるだろう。一万円札の肖像、福沢諭吉である。『西洋事情』、『学問のすゝめ』等、福沢が書いた本は総部数340万部という驚異的な数字だった。なぜ、福沢の著書はこんなにも多くの人に読まれたのだろうか。

 

あるとき、筆一本で食べていこうと決意した尾崎行雄が福沢を訪ねたときの話だ。尾崎が『識者(物事の正しい判断力を持っている人。見識のある人)』にさえわかってもらえればそれでいいから、そういう本を書きたいと話したところ、福沢は、

『馬鹿者!』

 

と一喝した後、こう言ったのだ。

『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

 

この話は実は奥が深い。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    福沢諭吉の言葉を自分のものにする



    そもそもこれだけを見れば、やはり結果を出して、名も売れている福沢諭吉の方が、圧倒的に賢いことを言ったように見えるが、尾崎行雄という人間がそんなにも愚かだったということなのだろうか。

     

    いや、『識者』などということを言っている時点で、この尾崎という人間の知的レベルは、とても高い。ましてや、その『識者』に読ませる本を書こうというのだから、どれだけ彼が知的なのかどうか、少し考えればわかるはずだ。だが、福沢はそう言った。そして実際に、それだけの本を世に読ませたのだ。

     

    本

     

    以前、視聴率男と呼ばれていた島田紳助は言っていた。

    『東大や京大の先生なんかは、テレビには向かない。なぜなら、彼らは普段、東大生や京大生といった、頭のいい奴らを相手にしてる。だから、一言二言、『あれやっておけ』と言えば、生徒たちはそれを、10にも100にも勝手に理解して自主的にやってくれる。

     

    でも、テレビの視聴者はちゃう。テレビを見ている人たちは、大体暇つぶしだったり、寝転んでリラックスして観てるから、偉い先生が難しい言葉を一言二言並べ立てたぐらいじゃ、理解しない。そこまで身構えてへんからや。

     

    だからテレビに向いているのは、二流、三流大学の先生たち。その先生たちは普段、落ちこぼれや、とにかく一流を相手にしてないから、馬鹿にもわかりやすいように丁寧に説明する習慣がついている。

     

    我々テレビの演者もそうだが、基本的には馬鹿ばっかりや。だから我々のような凡人には、そういう先生の言葉がわかりやすいということや。』

     

    たしかに、政治討論番組で堅苦しい面々が、専門用語を並べ立てて罵倒し合っている場面を観たいと思う人や、話していることをすべて理解できる人(識者)は、テレビ視聴者には、圧倒的に少ないだろう。

     

    テレビ

     

    確かに彼ら政治家は賢い。だが、本当の『知性』とはなんだろうか。福沢諭吉のように『その仕組み』を理解していれば賢いかと思いきや、島田紳助も理解していたが、彼の場合は金と視聴率は手に入れたが、不正行為にも手を染めていたのであれば、彼に『知性』があったと言えるのだろうか。

     

    ソクラテスは言う。

    『不正をしている仲間に入るより、「どんな危険があろうが、国と正義のために戦おう」と心に誓ったのだ。』

     

    だとしたら、尾崎行雄のように、別に本は売れなくても、政治家のように、別に大衆のすべてには理解されなくても、識者同士だけで討論して生きたほうが、知的でいられるような気さえする。

     

    だが、おそらくそれではダメだろう。人間とは、識者だけのことを言うのではない。そうでない人、例えば子供は識者ではないはずだ。そういう人たちもすべて含めて、人間なのだ。

     

    なるべく多くの人間と向き合って討論し、人間力を高めてもらうために意見を主張する。そういうことが出来なければ、本当に知性がある人間とは言えなさそうである。

     

    ちなみに私のこのブログのサブタイトルは、

     

    『"Information"<"Intelligence"』

     

    つまり、情報よりも、知性を追え。という意味である。

     

    いや、確かにどちらの意味も実は、『情報』という一括りにはできる。だが、一時的な流行、例えば今ならLINEがどうとか、一発芸人がどうだとか、SMAPに楽曲を提供した今注目のアーティストとか、おしゃれなアイテムや流行のなんたらとか、そういう『情報』は、別に目を凝らして探さなくても、ぼーっとしてるだけで勝手に目に入り、耳に入り、頭に入ってくるものだ。

     

    だが、『知性』という情報は自分から探しに行かなければ見つからない。この言葉にはそういう意味があるのだ。だから、言うなれば今の私は『未熟者の尾崎行雄』なのである。

     

    だがそれは、あえてやっている。私の場合、最初から目的は『筆一本で食べる』ことでも『大勢に見せること』でもなく、『自分の知性を高めること』だ。つまり私は、勉強中なのである。最低でもあと数年は高め続ける努力を継続しなければ、およそ世の中に意見など発信する資格など身につかないだろう。

     

    福沢諭吉のこの言葉の意味は深い。彼が突き詰めた境地の難しさを、物語っているのである。

     

    山

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    福沢諭吉『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    福沢諭吉関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『独立の気なき者は、必ず人に依頼する。人に依頼する者は、必ず人を恐れる。人を恐れる者は、必ず人にへつらう。』

     

    『人望は、力量によって得られるものではありません。また、財産をたくさん持っているということで得られるものでもありません。その人の才能と知恵の活発な働きと正直な道徳心によって、徐々に得られるものなのです。』

     

    『事を行うには、時機の善し悪しがあります。チャンスに恵まれなければ、どんなに有能な人でもその力を発揮することはできません。』

     

    『仕事というのは、偶然できるものではありません。善い事も悪い事も、すべて人間のこれをやろうという意思があってこそできるのです。』

     

    『自由と我がままとの境界は、他人に迷惑を掛けるのと掛けないのとの間にあります。』

     

    『所詮、世の中の出来事は生き物と同じで、その動きを前もって予測することは不可能です。ですから、賢明な人であっても、案外愚かな失敗をする者が多いのです。』

     

    『学問の本質は、生活にどう活用するかということです。活用のない学問は、何も学問しなかったのと同じです。』

     

    『自ら動こうとしないものを、導くことはできない。』

     

    『愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。』

     

    『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

     

    『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP