名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

松下幸之助『賃上げも、首切りも結構やな。だがしかし、ウチはよそのように人のクビは切れん』

松下幸之助


日本実業家 松下幸之助画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


9歳で丁稚奉公に出稼ぎ労働をしていた松下は、仕事のありがたみを誰よりも知っていたのかもしれない。

 

昭和4年の世界大恐慌で、好調だった松下製品も売り上げが半減、他の企業がどこもリストラに走るなか、松下は言った。

『首切りはない。生産は半分、勤務も半日。給与は全額払う。だが、休日返上で在庫を売るんや。ここは凌ぐしかない。』

 

その結果、松下の采配に従業員たちが心を打たれて一丸となる。倉庫の在庫をすべて、完売させたのだ。松下は、リストラ(再構築)の意味を当然知っていただろう。だが、松下にとって『再構築』とは、決して『人材の入れ替え・削減』ではなかったのだ。

 

人間の心の再構築、モチベーションの再構築。いうなれば、松下は社員全員に、命を吹き込んだ。主体性という名の、魂を炎上させたのだ。これこそが、昭和の家族経営の根源である。経営の神様たる、所以である。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

 

 

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

黄金律

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

 

黄金律

『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

 

 

 

松下幸之助『賃上げも、首切りも結構やな。だがしかし、ウチはよそのように人のクビは切れん』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

松下幸之助関連の書籍

 

同じ人物の名言


『血の小便が出るまで苦労したのでしょうか。』

 

『商売なんて、最初は無料で奉仕するつもりでやれ。』

 

『人の行うべき誰にでも与えるものはある。笑顔を与える、笑いを与える。求める活動から与える活動へ転換をはかりたい。』

 

『雨が降れば傘をさす。』

 

『人間万事、世の中のすべては、天の摂理で決まるのが90%、あとの10%だけが人間の成し得る限界だ。』

 

『機会というものは真に熱意をもってことに当たれば、随所にあるものである。』

 

『いくら粉飾したところで、自分の生地は誤魔化し切れない。正直こそが、処世の一番安全な道。』

 

『私は部下に大いに働いてもらうコツの一つは、部下が働こうとするのを、邪魔しないようにするということだと思います。』

 

『人間の運命を変えようと思ったら、まず日々の習慣から変えるべし。』

 

『世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、必ず成就します。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP