名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

目次


  • 意味
  • 関連する黄金律
  • 関連する偉人の言葉
  •  

     

    意味


    もちろん、老年になることは当然いい。

     

    『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

     

    ここに書いたように、『老年になる前に自ら命を絶つ』ということは間違った発想である。それに、今老年である人、あるいはそういう人が大切な人間関係にある人等は、自分の人生を否定されたような気になってしまうだろう。そういうことではない。

     

    そういうことではないが、では、老年になる前に命を使い果たした全ての命について、どう思うだろうか。まさか、『哀れな命だった』とでも言うつもりだろうか。長く生き延びた人間の方が賢いとでも言うつもりだろうか。

     

    後は下記に記載した『関連する黄金律』、『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』を熟考したい。

     

    エネルギー

     

     

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』

     

     

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する偉人の言葉

    過去記事

    この言葉は以下の記事を通して浮かび上がったものです。

     

     

     

    スタンダール『老年の運命は、男女を問わず、青春をどのように使ったかにかかっている。』

     

     

     

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    広告

     

    ↑ PAGE TOP