名言を自分のものにする

広告

 

 >  > > >

 

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』(3ページ目)


黄金律

 

 

・NEXT⇒(弟子の内省)

・⇐BACK(更なる詳細を追及する)

 

一致する偉人の名言

 

1.日本の革命家、高杉晋作

  • 『古くから天下のことを行う者は、大義を本分とし、決して他人に左右されることなく、断固として志を貫く。』
  •  

    2.日本の革命家、坂本龍馬

  • 『私が長生きすると思われても無駄なことだと思います。とはいえ、普通の人のように簡単には死にません。』
  •  

    3.日本の指導者、勝海舟

  • 『生死を度外視する決心が固まれば、目前の勢いをとらえることができる。難局に必要なことはこの決心だけだ。』
  •  

    スポンサーリンク

     

    4.アメリカの大統領、リンカーン

  • 『何歳まで生きたかは重要ではない。いかにして生きたかが重要だ。』
  •  

    5.日本の政治家、西郷隆盛

  • 『命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。』
  •  

    6.アメリカの指導者、キング牧師

  • 『何かのために死なない人間は、生きるにふさわしくない。』
  •  

    7.アメリカの司会者、オプラ・ウィンフリー

  • 『夢を実現するための鍵は、成功することではなく、その意義について目を向けること。』
  •  

    8.アメリカの経営者、スティーブ・ジョブズ

  • 『墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。』
  •  

    9.日本の経営者、松下幸之助

  • 『知識なり才能なりは必ずしも最高でなくてもいい、しかし熱意だけは最高でなくてはならない。』
  •  

  • 『失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい。』
  •  

    10.アメリカの発明家、エジソン

  • 『成功というものはその結果ではかるものではなく、それに費やした努力・時間の統計ではかるものである。』
  •  

    11.日本の思想家、安岡正篤

  • 『一人の人間の死後に残り、思い出となるのは、地位でも財産でも名誉でもない。その人の 心・精神・言動である。』
  •  

    12.日本の教育者、森信三

  • 『死は人生の総決算である。肉体の朽ち果てたあとに、なお残るものは、ただ、肉体が動いている間に成した真実のみである。』
  •  

    13.ドイツのユダヤ教徒、エンゼ

  • 『人間はまだ十分に幸福ではなかったからこそ死を恐れるのである。最高の幸福に恵まれれば、すぐに死にたいと思う。』
  •  

    14.プロイセン王国の哲学者、マルクス

  • 『出てけ、失せろ。最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。』
  •  

    15.フランスの哲学者、モンテーニュ

  • 『賢者は、生きられるだけ生きるのではなく、生きなければいけないだけ生きる。』
  •  

    16.オランダの哲学者、スピノザ

  • 『自由な人が考えるのは、ほかならぬ死についてである。そして彼の賢明さは、そこから死ではなく、生について熟慮を始めることだ。』
  •  

  • 『賢人の仕事は、いかに死ぬかではなく、いかに生きるかにある。』
  •  

    17.日本の思想家、吉田松陰

  • 『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』
  •  

    18.ローマの哲学者、セネカ

  • 『人生は物語のようなものだ。重要なのはどんなに長いかということではなく、どんなに良いかということだ。』
  •  

    19.イギリスの作家、サミュエル・ジョンソン

  • 『どんなふうに死ぬかではなく、どんなふうに生きるかが問題なのだ。』
  •  

    20.日本の作家、山本周五郎

  • 『人間の真価は、彼が死んだ時、何を為したかではなく、何を為そうとしたかである。』
  •  

    21.アメリカの作家、オー・ヘンリー

  • 『人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。』
  •  

    22.作家、アニー・ディラード

  • 『いい日は幾らでもある。手に入れるのが難しいのはいい人生だ。』
  •  

    23.日本の作家、吉川栄治

  • 『登山の目標は山頂と決まっている。 しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にある。』
  •  

    24.日本の作家、武者小路実篤

  • 『死の恐怖を味わうことは、その人がまだ生きてしなければならない仕事をしていないからだ。』
  •  

    25.アメリカの作家、ブッカー・T・ワシントン

  • 『成功とは、人生において得た地位によって測るのではなく、成功する為に乗り越えた障害によって測るべきことを学んだ。』
  •  

    26.アメリカの作家、ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

  • 『人生は、地球上で過ごした年数で測られるのではない。どれだけ楽しんだかで測られるのだ。』
  •  

    27.日本の作家、島崎藤村

  • 『この世にあるもので、一つとして過ぎ去らないものは無い、せめてその中で、誠を残したい。』
  •  

    28.イギリスの哲学者、ジョン・ラスキン

  • 『何を考えているか、何を知っているか、何を信じているかは、それほど重要なことではない。唯一重要だと言えるのは、何をするかだ。』
  •  

    29.日本の作家、瀬戸内寂聴

  • 『無為にだらしない生き方をするより真剣に生きるほうが、たとえ短命でも値打ちがあります。』
  •  

    30.イングランドの作家、シェイクスピア

  • 『生きるべきか死ぬべきか。それが疑問だ。』
  •  

    31.日本の漫画家、赤塚不二夫

  • 『60才を過ぎた男がね、「死ぬのが怖い」 と言っちゃダメだって。それまでの人生、何をやって来たんだと言うことでしょ?』
  •  

    32.日本のタレント、松本人志

  • 『100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ。』
  •  

    33.アメリカの俳優、ジェームズ・ディーン

  • 『人間にとって真の偉大さ、真の成功は、不死の中にあるんじゃないかな。 歴史に名を残すような仕事をすること、何世紀にもわたって残るような何かを成し遂げること、それが真の偉大さだよ。』
  •  

    34.ドイツの理論物理学者、アインシュタイン

  • 『なぜ人は、仕事というものを、ひどく真剣に考えるのでしょう。不思議です。誰の為に?自分の為でしょうか?人はすぐに死んでしまうのに。』
  •  

  • 『人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。』
  •  

  • 『成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい。』
  •  

  • 『たとえ国家が要求しようとも、良心に反することはしてはならない。』
  •  

    35.身元不明、ジェラール・シャンドリ

  • 『一生を終えて後に残るのは、われわれが集めたものではなくて、われわれが与えたものである。』
  •  

    36.儒教の始祖、孔子

  • 『人の価値は集めた富みによって決まるのではない。徳によって決まるのだ。』(超訳)
  •  

    37.古代ギリシャの哲学者、ソクラテス

  • 『生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ。』
  •  

     

     

    ・NEXT⇒(弟子の内省)

    ・⇐BACK(更なる詳細を追及する)

     

    シェア

     

    『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』(3ページ目)


    スポンサーリンク

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    最新記事をチェック

    『人類の永久保存版』の名に恥じない、『8,000の名言を通して捻出された38の黄金律』の最新情報をチェック!

     


    広告

     

    ↑ PAGE TOP