名言を自分のものにする

広告

 

> > > 3ページ目

 

ソクラテスの言葉(弁明)

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

10

ソクラテスの言葉ソクラテスの言葉

 

 

『私はこの裁定に従い世を去るが、私を有罪とした皆さんは、これから世の人からも、真理からも、邪悪者の烙印が押される。』

 

カテゴリー:『真理

『無知の知』を説いて回るソクラテスを殺せば、確かに『楽』になるだろう。殺した後は隠蔽すればいい。無かったことにして、『脅威』を闇に葬り、人生を生きながらえる。

>>続きを見る

 

『重要なのは後始末ではない。前始末である。』

 

カテゴリー:『知性

何かが起きてからでは遅い。何かが起きる前から『不測の事態』を想定し、準備しなければならない。それが『知性』だ。たとえば『カウンターインテリジェンス』とは、テロを水際で食い止めるような前始末を言う。そういうことが重要なのだ。

>>続きを見る

 

『死を逃れることよりも、邪悪な心から逃れる方がはるかに難しい。』

 

カテゴリー:『知性

『死を逃れるためにどんなことでもする覚悟があれば、そしてその場に応じて相手を喜ばすような言葉や行動を取れば、死を逃れる方法はたくさんある。』例えば、きわどい話過ぎてあまりスラスラとキーを打つ手が進まないが、頼りになる周りにいる男性の全員が殺されてしまったとする。

>>続きを見る

 

『私に不足していたのは、「不正に鈍感な心」。皆さんの耳に気持ちよく響くような「恥ずかしい言葉」は私の口からは出ない。』

 

カテゴリー:『知性

私は別に、今までの半生で読んだ本や、聴いてきた話を丸暗記しているわけではない。だが、たまにこうやって偉人の言葉と向き合って内省していると、ウソップ『だったら命の限り応えてやらァってなァ!!!』上記に挙げたように、同じような思想の下に発言をしていることが多い。

>>続きを見る

 

『私の死刑が決まった。皆さん、わずかな時間のことでね。もう少し待てばいいのに。』

 

カテゴリー:『無知

ソクラテスが刑死したのはおよそ70歳の年齢だった。だから、『もう少し待てばいいのに』と言ったのだ。あと少しで死ぬんだから、わざわざ死刑にする必要はないと。そんなに早く『楽』になりたいのか。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

『私はそのために毎日毎日、知恵とは、善とは何かと問答しながら皆さんと考えてきた。』

 

カテゴリー:『知性

人間にとって重要なのは『知識』ではない。『知恵』だ。簡単なことだ。『知識』なら『人殺しの方法』も該当するが、『知恵』はそれを良しとしない。全くの別の意味だ。

>>続きを見る

 

『いくら知識の蓄積があっても、知恵が無ければ知識が人間を幸福にするとは限らない。』

 

カテゴリー:『無知

知識がある人など、一つの国で考えても数えきれないくらいいる。しかし、なぜこの世からトラブルの種は消えることがないのだろうか。経済破たん、放射能問題、戦争、不祥事による解雇、罰則、逮捕、死刑、往々にしてここで挙げたようなことの対象になる者、

>>続きを見る

 

『わたしがいなくなれば、みなさんは楽になる。』

 

カテゴリー:『無知

ソクラテスは言った。『わたしがいなくなれば言葉の針で刺される心配もなくなって、みなさんは残りの人生をダラダラと滅びゆく国の富をあてに暮らすことになる。』そしてこうも言った。『みなさんが望んでいるのは、国外追放の刑なのだろう。

>>続きを見る

 

『死が怖いだろうから別の刑を言いなさい?それは余計なお世話だ。』

 

カテゴリー:『知性

ソクラテスの言葉を代弁するとこうだ。そもそも『死は善いことかもしれない』のに、なぜ命乞いをしなければならないのか。

>>続きを見る

 

『おそらく皆さんは、私がヤケクソになったと思っただろう。だが実際は違う。』

 

カテゴリー:『知性

無罪なのにソクラテスは身を囚われ、裁判でこう言われたのだ。『どんな刑を望むか?』 それに対しソクラテスは、毅然とした態度で臨んだ。

>>続きを見る

 

 

10

ソクラテスの言葉ソクラテスの言葉

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP