名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ソクラテス『私の死刑が決まった。皆さん、わずかな時間のことでね。もう少し待てばいいのに。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

ソクラテスが刑死したのはおよそ70歳の年齢だった。だから、『もう少し待てばいいのに』と言ったのだ。あと少しで死ぬんだから、わざわざ死刑にする必要はないと。

 

そんなに早く『楽』になりたいのか。目の前の『アブ』を1分でも早く叩き殺したところで、その次に広がる世界は、今までと同じ世界。今までと同じ世界がどれだけのものなのか。そうして生きながらえたって、いずれそんな自分も死ぬのだ。

 

だとしたらこの人生をより有意義なものだと言えるように、命が尽きるまで、知性の探究をする選択肢もあるはずだ。私は今回のソクラテスの言葉を通してそう内省し、自分に言い聞かせるが、もう一つこの言葉を応用して考えたいことがある。

 

『もう少し待てばいいのに。』

 

ということについてだ。

 

人間はどうも、早合点しすぎるところがある。わかってもいないのに、目の前の人間に無知だということを悟られまいとして、わかったふりをして、空返事をしたり相槌を打つ。面白いことに往々にしてそういう人間は、こちらの反応をチラチラ確認するから今度注意してみるといい。

 

つまりそういう人間は、『他人にどう思われるかという意識に囚われている』のである。あるいは、『興味が無い』という素振りをしたり、批判をして『あえて触れないだけだ』という設定にし、ただただ自分の無知が露呈しないことに執着し、逆に無様な醜態をさらしてしまう。

 

私はそういう人間を何度も見た。彼らは、見栄とプライドの意味をはき違えているのだ。思慮深い質問に対しては、思慮深く考えなければ応答できない。思慮浅い人間が露呈してしまうのを恐れ、思慮浅く回答してしまうのであれば、それは結局、思慮浅い。

 

もう少し待てばいいのに。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ソクラテス『私の死刑が決まった。皆さん、わずかな時間のことでね。もう少し待てばいいのに。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『この人は、多くの人たちに知恵のある人物だと思われていて、自分でもそのように自覚しているけれども、実はそうではないのだ。』

 

『わたしの名が知られるようになったのは、他でもない。わたしが『ある一つの知恵』を持っていたからなのだ。』

 

『いくら知識の蓄積があっても、知恵が無ければ知識が人間を幸福にするとは限らない。』

 

『わたしがいなくなれば、みなさんは楽になる。』

 

『お前が奴隷のようにこの国の人たちのご機嫌を取れば、飲んだり食べたりできるだろう。だが、それでおまえは満足か?』

 

『彼らは軽々と人を殺しながら、少し時間が経てば、生かしておけばよかったと、そんな気まぐれな人たちなのだよ。』

 

『ちょっと待ってくれクリトン。どうして君はそんなに世間の評判が気になるのだ。』

 

『息子たちをよろしく。服装、女性、金銭、出世のことばかりを気にしていたら、遠慮なく問い詰めて下さい。私が皆さんにしたように。』

 

『皆さんの生き方の間違いを親切に注意してくれるのに、人を殺して煩わしさから逃げるのは正しい解決の道ではない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP