名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ソクラテス『君は、私が人間を堕落させたとして裁判に引き出したのだ。”堕落”させる人を見つけたのだからね。だったら反対に、どんな人たちが、若者を善くするのか知っているね。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

ソクラテスは、『無知の知』を説いて回った。

 

するともちろん、説かれた方の人間は、自分の無知を知る。 しかし、中には見栄と虚勢を張って生きる人間もいるため、これを良く思わない。

 

ソクラテスは、アニュトス、メレトス、そしてリュコンの三人によって、 冤罪を着せられ、裁判にかけて死刑に処すよう、画策された。

 

裁判でソクラテスは、メレトスに言った。

『ソクラテスは、国家の祀る神様を信じないで、 別の新しい神霊を教えて、 若者たちを堕落させているから、わたしは不正を行っている。 メレトス。これがわたしの罪なのだね?』

 

メレトスは言った。

『その通りだ。』

 

そしてこの言葉を言ったのだ。

『君は、私が人間を堕落させたとして裁判に引き出したのだ。”堕落”させる人を見つけたのだからね。だったら反対に、どんな人たちが、若者を善くするのか知っているね。』

 

メレトスは焦り、 振り絞ってこう言った。

『法律だよ!』

 

真理に従い、真実を追求した人間が、 人間の罪深い感情によって捻じ曲げられ、 捏造され、あるいは隠蔽される。メレトスの言うその『法律』によって、ソクラテスは命を落としたのだ。こういうことがまかり通る世界なのであれば、 それを創った人間など、大した生き物ではない。

 

『罪深い感情』とは、例えば、 キリスト教の7つの大罪では、

 

嫉妬、怠惰、憤怒、傲慢、 強欲、色欲、暴食

 

の7つである。

 

ソクラテスを陥れた人間がこれに支配されていたことは、 言うまでもない。

 

『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』byゲーテ

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ソクラテス『君は、私が人間を堕落させたとして裁判に引き出したのだ。”堕落”させる人を見つけたのだからね。だったら反対に、どんな人たちが、若者を善くするのか知っているね。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『人間だれもが、肉体という独房に繋がれた死刑囚なのだ。』

 

『わたしは、善いことかもしれない死を、はじめから、よくわからないのに恐れて逃げることは絶対にしない。』

 

『死を恐れることは、「本当は知者ではないのに、知者であると思い込む」のと同じなのだ。』

 

『もし有罪の判決がくだれば、わたしに罪をかぶせたのは、メレトスでもアニュトスでもない。多くの人からの悪口や嫉妬、妬む心なのだ。』

 

『知者だと思い込み、『無知の知』を知らない人は知恵を求めようとしない。』

 

『自分が病気だと知った人は医者にかかるが、病気に気づかず健康だと思い込んで、病んでいることを知らない人は医者に行かない。』

 

『健康が善で、病が悪?それなら病にかかり旅を止めたら、乗船するはずの船が難破して、命を救われた人がいた。それでも病は悪か?』

 

『この人は、多くの人たちに知恵のある人物だと思われていて、自分でもそのように自覚しているけれども、実はそうではないのだ。』

 

『わたしの名が知られるようになったのは、他でもない。わたしが『ある一つの知恵』を持っていたからなのだ。』

 

『私の死刑が決まった。皆さん、わずかな時間のことでね。もう少し待てばいいのに。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP