名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ソクラテス『死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

言い方を変えるとこうだ。

『信念を曲げて生きながらえることと、信念を貫き命を全うすることと、どちらに重きを置けばいいだろうか。』

 

ソクラテスの場合は、アニュトスとメレトス、それにリュコンという人物に冤罪の罪で嵌められたが、逃げることなく刑を受けた。

 

自ら毒杯を飲み、死を迎えたのだ。そしてこう言い残した。

『お別れのときが来た。君たちは生きながらえるため、私は死ぬために別れるのだ。君たちと私のどちらがより幸福なのだろうか?答えることが出来るのは神のみである。』

 

ソクラテスはこうも言っていた。

『悪法もまた、法なり。』

 

罪のない人間を殺す法律など、悪い法律だ。だが、それでも法律は法律。その『理性、基準』すら軽んじてしまうようなことがあれば、この世は今よりももっと混沌に陥ってしまうだろう。

 

ソクラテスの死で、

『悪法は、法ではない。』

 

という考え方をする人間が増え、

(彼のような人をもう出してはいけない)

 

と考え、

(彼の死を無駄にしてはならない)

 

と思う人間が出てきてくれたなら、きっとソクラテスの死は、無駄にならないだろう。

 

自分の子孫をどう考えるかだ。自分の血がつながった者だけが、子孫なのか。彼ら、彼女らに、ほんの少しの財産を残すことが、それが人間の使命なのだろうか。

 

それとも、後に生まれる人類全員が、子孫なのか。だとしたらソクラテスのような死を迎えた人間は、我々子孫に、大きな遺産を遺してくれたのだ。

 

『三流はお金を遺す、二流は事業を遺す、一流は人を遺す。』

 

ソクラテスがどれだけの人物だったかということは、2500年も経った今でも、人類の『四聖』として数えられているということが、ものを言っているのではないだろうか。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ソクラテス『死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『何人も本意から悪人たるものなし。』

 

『人間の美徳はすべてその実践と経験によっておのずと増え、強まるのである。』

 

『殺されるかまたは他の憂き目に遭わなければならないなどということは、不正を冒すよりも遥かにましなのだ』

 

『生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ。』

 

『死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か。』

 

『人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい』

 

『あなたのあらゆる言動を誉める人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる。』

 

『良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるよう努力することだ』

 

『幼にして謙遜なれ。 弱にして温和なれ、壮にして公正なれ。 老いては慎重なれ』

 


広告

 

↑ PAGE TOP