名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ソクラテス『あなたのあらゆる言動を誉める人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

これについてこのご時世で話をするなら、あの楽天のマー君の話をするのが手っ取り早い。今や、世界記録を生み出し偉人の仲間入りをした、楽天のマー君。彼のこの偉業には、予兆があった。これは沢村賞をも取る前の、数年前の話だ。インタビューでいつも叱られていることに対して聞かれた彼は、こう答えたのだ。

 

『別に褒められたいとは思わないです。褒められて喜ぶということは、『お前はここまでの人間だ』って言われているのと同じだと思うから、褒められて喜ぶのは、二流だと思います。

 

叱られるということは、『お前はまだまだ伸びる』って言われているのと同じだと思うから、叱られて喜べなければ、一流にはなれないと思います。』

 

そして彼はその後、次々と偉業を残し続けている。この話は確か、まだ話し方にたどたどしさが残る、彼が20歳になったばかりの頃のコメントだった。

 

これで十分だろう。もし、今の自分のゲシュタルト(設定された人格)を破壊する人が周りにいないのであれば、本を読むといい。

 

もう読んだ?自分は全知全能だと?

 

おかしい。本を読んでいる人が、そういう浅はかな発言をするわけがない。本を読む人は、読むたび読むたび、新たなる知性を発見しているはずなのだから。それはイコール、自分がそれまで、無知だったということを表しているはずだ。

 

リミッターのカット(限界値の解除)、そして、知性の探究をするべし。それを続ける限り、人間は永遠にゲシュタルトの破壊と創造を繰り返し、人間力を高めていくことが出来るだろう。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

22.『本当の友人とは。

真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

ソクラテス『あなたのあらゆる言動を誉める人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『殺されるかまたは他の憂き目に遭わなければならないなどということは、不正を冒すよりも遥かにましなのだ』

 

『生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ。』

 

『死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か。』

 

『人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい』

 

『良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるよう努力することだ』

 

『幼にして謙遜なれ。 弱にして温和なれ、壮にして公正なれ。 老いては慎重なれ』

 

『わたしは法廷に家族を呼び、無罪の投票をするように同情をお願いする。そんなことは絶対しない。』

 

『わたしの問答を聞くことで、自分で考えるためのヒントがたくさんあって、勉強に役立つらしいのだ。』

 

『かりにわたしが政治に口を出していたら、とっくの昔に、権力に殺されていただろう。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP