名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ソクラテス『少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

『ビッグカンパニーではなく、グッドカンパニーになれ』と、ある経営者は言う。世にはびこる『エセ・カリスマ』はこの逆のことを言うだろう。そういう人間に成り下がってはならない。『量より質』、『少数精鋭』、『安かろう悪かろう』、という言葉もある。

 

『赤壁の戦い』で、諸葛亮孔明や周瑜が見せた戦略とは、天の利、地の利を利用した叡智の結集。規模が小さい、少ないからといって、それと人生の器や優位性は、比例しない。悪に染まり、拝金的に生きる生き方もまた、虚しい。『自分は虚しくない。成功者だ。』と言い聞かせるように表面を正当化しながら、生きる人生を強いられるだろう。

 

もっと確かな生き方がある。『身分相応』とは、自分に与えられた人生の環境の中で、愚痴を言わず、弱音を吐かず、自分を捻じ曲げずに生きて見せる人生の生き方である。

 

もともと、大体の人の『身分相応』とは、少量の結果しか出せない。本来、少量の結果しか出せない人が大量の結果を出そうとすると、ひずみが起き、倫理が捻じ曲がり、一時的にこそ”膨張”はしても、永続的な”成長”は出来ないだろう。

 

そういう意味でも、自分が踏める、『確かな一歩』を歩いていくことが求められるのだ。その結果として大量の結果が出ることが望ましいのである。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ソクラテス『少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『勉学は光であり、無学は闇である。』

 

『満足は、自然の与える富である。贅沢は、人間の与える貧困である。 』

 

『結婚をするべきか、結婚しないべきか。どちらを選ぶにしても、後悔するだろう。 』

 

『よく本を読んで、良き魂を育てよ。苦労して、著者が身に付けたことを、苦労せずに、読者は身に付けられよう。』

 

『友と敵、両方がいなければならない。友は忠告を与えて、敵は警告を与える。』

 

『わたしは、誰の師にも、成ったことはなかったが、一方で、誰の問にも、答えなかったことはなかった。 』

 

『いかに多くの富を有するか、自慢する者が居ても、いかに使うが分かるまで、彼を、誉めてはならない。』

 

『息が止まらない限り、私は知を愛し続ける。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP