名言を自分のものにする

広告

 

> > > 7ページ目

 

キリスト(聖書)の言葉

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

『愛は差別をしない。エピソード.0』

 

カテゴリー:『マテオによる福音書』 第5章

『愛は差別をしない。というか、「差」など人間が勝手に作った概念だ。』この話の続きだ。いや、この『殺人鬼』が生まれたときの話だ。

>>続きを見る

 

『真理の道から外れた者は、文字通り道を踏み外して転落する。そこには暗闇が用意されている。』

 

カテゴリー:『第二法の書』 第26章

確かに、全ての森羅万象は平等に愛が与えられる権利を持っている。しかし、公正に与えれる。平等には与えられない。

>>続きを見る

 

『傷口を舐めるのは、動物だ。人間は、舐めない。人間がやることは、治療だ。治癒の手伝いだ。』

 

カテゴリー:『格言の書』 第27章

『治療』は、外部に依存した怪我の治し方、『治癒』は、内部から発生する力で治す怪我の治し方。

>>続きを見る

 

『愛は差別をしない。というか、「差」など人間が勝手に作った概念だ。』

 

カテゴリー:『第二法の書』 第7章

格差や身分差別は、人間が勝手に創っただけだ。長い間、それが強烈で熾烈であるからと言って、それが決定的な事実だ。

>>続きを見る

 

『その信仰はエセ(似ているが本物ではないもの)ではないのか?本物なら何があっても不動のはずだ。』

 

カテゴリー:『コリントの信徒への手紙一』 第13章

孔子も、『あなたは本当に信心深いか?エセ(似ているが違う人)ではないのか?』という方向の思慮を持っていて、『自分の先祖の霊でもないのにペコペコ頭を下げて拝むのは

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

『愛は罪を覆う。』

 

カテゴリー:『ペトロの第一の手紙』 第4章

『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

>>続きを見る

 

『本当の愛を知っているだろうか。知っているなら、どうして不安になっているのだ。』

 

カテゴリー:『ヨハネの第一の手紙』 第4章

『執着』があるようでは、まだ愛の形は完成していない。『愛着』まで辿り着けるかどうかだ。

>>続きを見る

 

『人間には心ゆくまで人生を満喫する権利がある。だが…』

 

カテゴリー:『コヘレットの書』 第9章

もちろんこれは、健常者にとって嬉しい祝福の言葉だ。人生を満喫する。その為には、道徳を守って、法律を守って、

>>続きを見る

 

『自分の妻を愛しなさい。』

 

カテゴリー:『コロサイ人への手紙』 第3章

女心はとても複雑だ。だが、同じくらい女は単純な生き物だ。つまり、簡単な操作で、簡単な動きをするのが男で、簡単な操作で、複雑な動きをするのが女だ。

>>続きを見る

 

『自由とは、欲望の解放ではない。』

 

カテゴリー:『ガラツィア人への手紙』 第5章

私も10代の頃は、『自由=欲望の解放』だと思っていた。だからやりたいときに、やりたいことをやった。

>>続きを見る

 

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP