名言を自分のものにする

広告

 

> > > コヘレットの書

 

カテゴリー『コヘレットの書』

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

 

『自分の仕事を心から楽しむ。これ以外に人の幸福はない。』

 

 第3章

どういう意味だろうか。一見すると『これ以外にない』などと、他にもありそうなものだが。

>>続きを見る

 

『未曾有などない。あるのは不変のリズムだけだ。』

 

 第1章

よく人は言う。『未曾有の大事件だ』と。100年に一度の大震災、100年に一度の大恐慌、100年に一度の金環日食、100年に一度の隕石衝突、人間の尺度で計るから『未曾有』になるのだ。

>>続きを見る

 

『理不尽な世の中や、その流れに身を任せ、支配されてはならない。』

 

 第9章

順風満帆に人生を生きる人もいるだろう。だが、世の中を見渡せば、理不尽な出来事や不当な評価、劣悪な環境、考えられない事件、不祥事、枚挙に暇がないほどの混沌がある。

>>続きを見る

 

『この世の掟を見極めよ。』

 

 第9章

人間は、半ば計画を立てる能力を持ち、スケジュール通りに人生を進ませることが出来るようになったことが、この地球で生きて、『人間本位』たらしめた、ある種の要因である。

>>続きを見る

 

『死に急いではならない。』

 

 第9章

『今ここに生きている犬は、とうに死んでしまった勇猛果敢なライオンに勝る。』コヘレット第9章にあるこの言葉を、正確に理解できなければ、危険だ。

>>続きを見る

 

『口は災いの門。喋るのを慎んだ方が良い場合がある。』

 

 第5章

私は吃音症の社員を抱えているからわかるが、例えば1時間、ずっと指導助言を続けることが、どれだけ難しいか。

>>続きを見る

 

『意味ありげに声を荒らげる輩と、静かに語る知者。どちらが傾聴に値するだろうか。』

 

 第9章

『知者』とは、『1+1=2』を知っている人だ。『無知者』とは、その答えを知らない人だ。それ以上でもそれ以下でもない。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

『大したことない。そう思ってないがしろにした全てのことが「大したこと」だったから、あなたの人生は大したことないのでは?』

 

 第10章

人間なんて、オギャアと生まれた最初は皆、純粋無垢で、清廉潔白な天使なのだ。だが、ちょっとしたこと。ほんのちょっとしたことや、その積み重ねで、人は『善』にも『悪』にもなってしまうのである。

>>続きを見る

 

『人間には心ゆくまで人生を満喫する権利がある。だが…』

 

 第9章

もちろんこれは、健常者にとって嬉しい祝福の言葉だ。人生を満喫する。その為には、道徳を守って、法律を守って、

>>続きを見る

 

『刹那的な快楽に支配されて身を任せるなら、それと引き換えに悔いの残る人生を生きろ。』

 

 第11章

これは以前、ブッダの言葉として書いた、『他人を困らせ快感を得るのなら、それと引き換えに悔いの残る人生を生きろ。』この記事と内容が同じだ。

>>続きを見る

 

『お洒落をしてもいい。異性を気にしてもいい。だが、決して忘れてはならないことがある。』

 

 第3章

お洒落をするのは、特に女性にとっては生きがいに等しい。別にそれはいい。男が逞しく、女が美しく在ろうとすることは、人として普通だ。それはいいのだ。

>>続きを見る

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP