名言を自分のものにする

広告

 

> > > 12ページ目

 

ブッダ(仏典)の言葉

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

10
1112131415161718

ブッダ(仏典)の言葉ブッダ(仏典)の言葉

 

 

『まさかそのゴミに蓋をすれば、掃除したと思っているわけではあるまい。』

 

カテゴリー:法句経121

掃除をするとき、例えばわかりやすく、プロの掃除屋ということにしよう。ゴミやホコリがたくさんあるので片づけてもらいたい。

>>続きを見る

 

『もし人の負の原因が(自分にある)と思ったら、解決しないのだろうか。』

 

カテゴリー:法句経253

『責任転嫁』とは、(せきにんてんか)と読む。転換(てんかん)ではない。同じような言葉で、聴きなれない言葉かもしれないが、転嫁とは、『人に押し付ける』という意味だ。

>>続きを見る

 

『表裏的な人間の罪深さを知れ。』

 

カテゴリー:経集127

私のごく身近にも、『迷惑をかけたくない』などというセリフを言って、『出来るだけ努力する』 とか、『頑張ってみます』などというNGワードを連発する人間がいる。

>>続きを見る

 

『膨張は弾ける。成長とは違うからだ。だが、膨張を求める人はこれからも消えないだろう。』

 

カテゴリー:法句経69、119

なぜかというと、『膨張』の過程は、自分が『弾ける』と思っていないからだ。

>>続きを見る

 

『逃げても無駄だ。だが、なぜ絶望に浸る必要がある。逃げなければいいだけだ。』

 

カテゴリー:経集671

『逃げる』というのはマズローがいう『5F』にもある。逃走欲(Freeing)。(その他にも、性欲(Fucking)、闘争欲(Fighting)、群衆欲(Flocking)、食欲(Feeding))人間は生き延びるために、逃げ回ってきた。

>>続きを見る

 

『心の中に積み重なった火種は、やがて自分の身を燃やす。』

 

カテゴリー:法句経71

最初は『火種』だ。争いや不和の原因など、『火種』程度の物である。

>>続きを見る

 

『過去の善い行いのおかげで、「人生」がより良い循環をする。』

 

カテゴリー:法句経68

簡単に言うと、『悪循環と好循環』ということなのだ。難しく考える必要は全くなく、悪い行いのせいで、負の連鎖が回り続けることを『悪循環』といい、善い行いのおかげで、正の連鎖が回り続けることを『好循環』という。

>>続きを見る

 

『過去の悪い行いの為に、「人生」を棒に振ってはならない。』

 

カテゴリー:法句経67

私が『悔いのない人生を』というキーワードを抱えるようになって、もうすぐ5年になる。なぜここへきてそのキーワードを抱えるようになったかというのは、あまりにも濃密すぎてここには書ききれない。

>>続きを見る

 

『外ばかり見て、内を観ない人間はまるで、ブレーキのない暴走列車である。終着点は不幸だ。』

 

カテゴリー:法句経66

名著『7つの習慣』の解説本でもある、『タイムマネジメント4.0』にはこう書いてある。『木を切ることに忙しすぎて、刃を研ぐ時間などない』と考えるのは、『目的地に着くのに忙しすぎて、ガソリンを入れる時間などない』と考えてしまうのと同じである。

>>続きを見る

 

『カルマの法則の意味をはき違えてはならない。』

 

カテゴリー:法句経60

『カルマの法則』というのがあるが、これを語るにはちゃんと勉強しなければ真実が歪曲する。

>>続きを見る

 

 

10
1112131415161718

ブッダ(仏典)の言葉ブッダ(仏典)の言葉

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP