名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ブッダ『まさか、その上辺の儀式をやればそれでいいと思っているわけではあるまい。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

上辺だけの儀式を今すぐやめるべし。意味がないことをして、敬虔深い人間だと装うのをやめるのだ。

 

まず、『仏像が存在する』時点で、もう間違えている。釈迦は、『個人を崇拝するな』と言って、崇拝の的となることを拒絶した。その教えは長い間守られていた。しかし、さらに長い年月が過ぎ、その『掟』を破る人間が現れた。どんなに『違う道』を考え付こうが模索しようが答えは一つだ。

 

『自分の心に目を向ける』。

 

これ以外の事に目を向ける時間は、全て水の泡になると考えた方が良い。どれだけ素直かが問われているのだ。

 

素直じゃない人間は自分の心と向き合えない。長い間自分の心と向き合わない人間を、例えばエアコンで例えると、長い間掃除をしていないエアコンと同じだ。

 

ほこりっぽくて異臭がする。しかし本人はこう言う。

『僕は、自分の汚れを見たくないんで、掃除はちょっと。』

 

驚くなかれ。私の部下に、実際にこう言う人間が居たのだ。そしてその『エアコンから流れて来る風』はどういうものか、わかるだろうか。

 

自分と向き合うことで恩恵が得られるのは、自分だけではない。そう考えただけで、良識ある人間なら、やろうと思うはずだ。そう思わないなら、そもそも『それが原因』だったのだ。そういう人間こそ、自分と向き合うことで救われるだろう。

 

騙されたと思って向き合うことだ。この世にある一切の本や儀式や宗教や人の意見や何もかもが、それで得られる効果の、足元にも及ばないことを悟るだろう。

 

 

 

参照:相応部経典

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

28.『真の礼儀とは。

真の礼儀や忠誠とは、表層に固執することではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『まさか、その上辺の儀式をやればそれでいいと思っているわけではあるまい。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自分の尊さを知れ。』

 

『お金は、まるで有限の水である。自分の命も有限だ。さて、どうする?』

 

『記憶や想像は、良いのか悪いのか。今この瞬間を生きるべし。』

 

『見誤るな。自分のその衝動は、本当の意志ではない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP