名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ブッダ『”自信”と”過信”の違いを知れ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

自分を信じることはいい。とても素晴らしい。それがなければ、この答えのない混沌とした、先が真っ暗で不透明な道に光を照らし、人生を生きられない。

 

だが、あまりその『自分』を、人に押し付けてはならない。少数の人はそれで納得するかもしれないが、大勢の人からは毛嫌いされる。『過信』してはならないのだ。

 

  • 自己効力感
  • セルフマネジメント
  • アファメーション
  •  

    という言葉の意味の共通点は、『自分を信じる、肯定する』ということである。これらを持ち、あるいは磨き、大事にするのはとてもいいことだ。だが、度が過ぎて、『過信』に至ってしまうと、

     

  • 傲慢
  • 自惚れ
  • 思い上がり
  • 勘違い
  • 自分本位
  • 痛い人
  • ナルシスト
  •  

    になってしまう。好き『過ぎ』でも、嫌い『過ぎ』でも、ダメだ。

    自分本位になるな。自己中心的に生きて、他人が迷惑をする。そんな人生を生きても、最終的には誰も幸せにならない。

     

    他人本位にもなるな。その『他人』が、罪深い人間だったらどうする。他人本位ということは、そういう人間の傷も舐めるということだ。あるいは、『過保護』が行きすぎ、歪曲した愛情をかけるということだ。そのどちらでもない。極めてニュートラルな原則、つまり、『真理』に基準を合わせるのだ。

     

    自分が真理に沿っていて正しいと思ったなら、相手がいくら反対しようとも、意志を貫くべきだ。相手が真理に沿っていて正しいと思ったなら、周りにいくら彼の理解者がいなくとも、自分一人でも彼の味方になるべきだ。

     

    それが出来る人は『過信』がある人にはならない。極めて純粋純潔な、『自信』に満ち溢れている人に値するのだ。

     

     

    参照:経集930

     

    ※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    ↑ページの上部へ

    シェア

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

    確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


    >>続きを見る

     

    20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

    得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


    >>続きを見る

     

    35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

    『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    ブッダ『”自信”と”過信”の違いを知れ。』

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    スポンサーリンク

     

    同じカテゴリーに属する他の記事


    『傲慢に陥ると、すべて水の泡になると戒めれば、陥るわけにもいくまい』

     

    『そもそも、人と競うな』

     

    『優越感と劣等感。この二つは、本当に必要か?自問せよ』

     

    『思考を切り替える訓練をせよ。それには人生経験が必要だ。』

     

    『本来は、特定の宗教や人への信仰は必要ない。』

     

    『表裏的な人間の罪深さを知れ。』

     

    『逃げても無駄だ。だが、なぜ絶望に浸る必要がある。逃げなければいいだけだ。』

     

    『”ある”のは本当に幸せなのだろうか。』

     

    『死んだら終わりだ。それは暗い話ではない。だとしたらやるべきことは一つだ。』

     


    広告

     

    ↑ PAGE TOP